ででむし夫も、今週から通常モードの出勤になり、
我が家も、いつも通りの日常に戻ってきた。




自粛中、手縫いでマスクを作ったり、
夫が毎日家に居ることで食事の回数が増えてバタバタした以外は、
これと言って、
「自粛中に何か始めた」とか、
「自分のためになるようなことをした」
ということはなかった。




芸能人がリモートで、
「部屋で身体づくりに勤しんでいる」
「掃除に夢中」
と言っているのをテレビで見ていて溜息が出た。
自分とは真逆。




マスクなんか、
前回13日に「暑くて仕方ない」と書いてから、
一枚も作っておらず。




なんだか段々飽きてきたよ、マスク作りも・・・(´д`;)
電池切れかなぁ・・・。




・・ってか、飽きるほど作ってんのか?と自問。
15枚ほど作って、そのうち4枚ぐらい失敗したから、
出来上がったのは正味10枚程度?




言い訳になるんだけど、
最近どんどん暑さが増してきてる中で、
ちまちま手縫いで細かい作業なんかやってらんねぇっつーか・・・。




この3か月ぐらい全くやってもいないくせに断言してしまうが、
自分的には、手縫いマスクを作ってるより、
羊毛フェルトをチクチクしてるほうが、まだ楽しいぜよ・・・。




自粛中は、先のマスク作りか食事か買い物か、
一日おきぐらいのネット以外に何をしていたかと言えば、
居間でゴロゴロうたた寝してるか、
録画した番組を夫と観てるか、
持ってるコミックスを何冊か引っ張り出して読むぐらいしかしてなかった。
毒父の件は、
3月に夫と二人で、胃腸科と補聴器店へ(毒父は家で待機)行った以外は、
用無しで助かった(姉は4月に単身で胃腸科の薬を取りに行った)。



Hulu?とかTever?とかの、
インターネットテレビを全く利用したことがなく、流行に完全に乗り遅れてる自分は、
コミックスを持っててほんとによかったと思った。
時間の潰しようがないですよ・・・コミックスがないと。




ほんと昨今、猫も杓子もネットテレビだね?
よくわからんけど「無料配信」といっても適用するのは最初の一か月ぐらい?
その一か月を利用するだけでも、
最初にクレカの番号やら個人情報やら登録するのかな?
解約するのを忘れたら翌月からきっちり支払いが発生?
めんどくせー。




ネットテレビが流行しちゃったせいか、
ドラマの再放送も、地上波で殆どやらなくなったなぁ・・・。
「JIN 仁」と「ハケンの品格」は物凄く嬉しかったけど、
90年代~2000年代のドラマの再放送をもっとやってほしかった。
配信のほうがカネ取れるから地上波でやらんのだろうか?
(「愛していると言ってくれ」の再放送をやってくれるようだけど、
これも「JIN」と同じでダイジェストなのかな?)





テレビ番組も、リモート放送が多くなってきてるけど、
みんな使いこなしてんなー・・・という感じ。
自分は普段から、人との関わり合いをもたないし、
Zoomを利用する機会もない。
Zooの導入もなんだかめんどくさそう・・・。
個人情報とか大丈夫なんだろうか?




自粛中も誰ともコンタクトを取らなかった。
そして、周りからも誰からも見事にスルーされていた。

5か月前に気にしていた、
ここ
と、
ここ

で書いた高校時代の友人たちの件は、
もう今ではさすがに、毎日思い出すことはなくなったが、
私なんかハブで、
Zoomやらskypeやらで、個別にコンタクトとってる人もいるかもなぁ・・・。




明日は、ようやく美容院。
この半年間行ってなかった。
自宅で2回白髪を染めたが、
元々、自分で染めるのも面倒で嫌な奴なので、
今じゃもう白髪妖怪そのものwwww




金曜は、これもようやくなのだが皮膚科通院。
昨年の4月以来行ってなかった。
お薬手帳を見たら、最後に行ったのは9月だった。




昨年5月以降、毒父の件でバタバタしていたのを言い訳に
皮膚科から遠のいていた。
行かずにいたら、だんだん通いにくくなってしまい、一年経った。





そしたらバチが当たったのか、今年に入ってから、
既存の膝の痒み以外の、他の部位にも痒みが出てきてしまった。
広がってしまったのかもしれない。
残っていた塗り薬で騙し騙し生活していたが、もう薬がなくなりそうで、
これは行かないとダメだと、なんとか重い腰をあげた。
(他人には感染しない病。飛び火して広がるのは自分の身体だけ)






最近は、こんな感じ。
とめどなくダラダラ打っていてどうしようもないので、
この辺で。




2018.09.30 9月滑り込み
もう9月最後の日になってしまった。



9月最初の更新が、9月最後の日。
滑り込みセーフ・・・(汗)。



前回の更新(8月末)は、
いつも以上にメンタルが下がっていた。



前回の更新以降、
ここのブログの事は、ほぼ毎日考えていた。



正しくは、
「台所に立っている時や、PC自体を起動していない時」
に思い浮かぶ事が殆どだった。



PCの前にいる時は、
ブログのことはあまり浮かばなかった。



不思議と、PCの前から離れている時に限って、
ブログのことが思い浮かぶ。



”こういうことを(ブログに)書こうかな・・・”

と短文が浮かぶが、
また消える。
その繰り返し。



いま、
「浮かんでいた幾つかのこと」
は思い出せない。
ちゃんとメモってないと難しいようだ。
トシなのか、
何か他の病かわからないが、
近年かなり健忘症気味になってるので・・・。
(もう本当に、芸能人の名前とか、
曲名や映画のタイトル等も、
パッと出てこなくなった)



落ち着いて考えたら、
「浮かんでいたこと」は、
また出てくるかもしれないが、
今日はダメみたいだ。



とりあえず、
忘れないための自分メモも含めて、
通院についての話を。



〇門科については、
7月上旬に2か月分の軟膏を貰ったので、
順調に行けば今月上旬に病院に行くはずが、
今夏は胃腸の具合があまりよくなく、
〇秘が続いたかと思えば、
ぴーひゃらら状態になったりと、
軟膏使用をためらう日も結構あり、
結局、来月初旬(もう明日が来月だけど・汗)に
行く予定にはしている。

その前に、
担当医が病院に居る日の確認で
電話しないとな・・・。
けっこう居たり居なかったりが多い先生だから・・・。



皮膚科は先週行ってきた。
処方してもらう飲み薬が自分に合ったのか、
とりあえず蕁麻疹の病状は、
今のところ再発していない。



しかし乾癬は・・・。
症状が引っ込んだり出てしまったり。
(私の場合は両膝と両肘)



塗ったり、塗るのを止めたりを、
自己診断で行なわなくてはならないので、
加減が難しい。



お医者さんによれば、
塗り続けると皮膚への影響がよくないので、
続行しつづけてはいけないらしい。



んで、自分で「大丈夫かな?」
と思って2~3日塗らないでいると、
判断を誤ったためか、
チクチクジリジリと痒みが襲ってきて、
「あぁまただ」と思う。



痒い時は仕方ないので、
3本ほど束ねた輪ゴムを足先から通し、
小さめの保冷剤(ケーキ屋で貰うやつ)を、
輪ゴムで留めて5分ぐらい放置して痒みを止めている。
(そうしない限り痒みが止まらない)



血圧測定は、まだ続けてるが、
先日、5日間ほど全く測っていなかった(汗)。
前にも同じようなことがあったが、
こういう時は必ずと言っていいほど、
PCに掛かりきりになっている時。






3~4か月前にメンクリの院長に、
「毎日、5分程度でいいから、
家の周りをぐるっと歩いて戻ってくる」
という案を提示されたが、
全く行動に移さず現状のまま。



行動する前に言い訳が浮かぶ。


”仮に近所の人が、
そういう私を毎日みかけていたら、
変に思われないかな・・・?”

みたいな。


「あの人、毎日、
時間帯は違うけど家の前を通る。
なんかおかしくね?」

みたいな?


そう思われないように、
回るコースを変えていれば、
変に思わる可能性も減るかもしれない。



しかし、
たったその「5分」が嫌でしょうがない。
面倒くさいと思う。
同じ棟の人にも会いたくないし、
大家さん(近所)にも見られたくないと思う。



自発的じゃないからかもしれない。

”人に勧められて(言われて)やる”
という気持ちでいるからだと思う。



或いは私は、表向きは、
「このまま引きこもりだと困る云々」
と考えたり焦ったりしているくせに、
内心は困っていないのかもしれない。



本当に困っていないから、
行動に移さないのかもしれない。



そして
「愛着障害だから」
だのなんだのと持ち出して言い訳しているから、
いつまでも引きこもりから脱出できない。



何処かで自分を甘くみてるのかもしれない。
本当は、ひきこもりが重症なのに、
「私は一応、普段の買い物の時は外出する(できる)」
みたいな思い上がった気持ちがあるのかもしれない。
前日から「あぁ、明日はスーパーだ・・・」
と憂鬱になるなら、
軽症ではないかもしれない。



「こうなりたい」と思うだけなら、
私のような人間でもできる。
それを実際に行動に移すことは、
なんて難しいのだろう。



「こうなりたい」
という欲が浮かんでこなければいいのに。
行動しないくせに、欲ばかり強くて。
ヒキのくせに、
「何処何処へ行ってみたい」とか。



でも出来ない(やらない)自分との大きな隔たりを感じて、
余計に落ち込むだけだ。



★皮膚科通院


今月5日(月)に行ってきて、
2週間分の飲み薬と塗り薬を貰った。


そして今日行ってきた。


今日は血液検査をしてもらい、結果が今週末に出るという。





私の皮膚の故障は多い。


・乾癬(膝、肘)

・蕁麻疹

・足の親指の爪が分厚い(入院中に亡くなった母親に似てるな・・・)

・足の指全体の爪が肌に食い込んでる感じ

・両手の爪が時々欠ける

・両手の親指の爪だけが黒っぽい

・稀に顔に吹き出物

・稀に口角炎

・稀に顔に粉瘤

・今は特に痒みもないので放置してるけど、
主婦湿疹の後遺症(?)でシワシワになっている両手の指




これだけ幾つも、
皮膚のトラブルを抱えているというのは、
身体のどこかがおかしくなってるんじゃないかということで、
血を調べてもらった。



昨年末まで2~3年通っていた皮膚科では、
血液検査をしてもらったか忘れてしまったけど・・・。



そして、その病院から、
何故今の病院に転院したかは、
伏せておこう・・・。



「今度こそ真面目に」と思っても、
続けて通えるかどうかの自信もない。



今の地域に住み始めて十数年経つけど、
皮膚科は今の病院で、確か5~6軒目。



ドクターショッピングばかりだ。



5~6軒も行ってると、
もうさすがに、別の皮膚科を探すのも困難。



病院の診察券だけが無駄に溜まってゆく。





今日、皮膚科から帰宅して、
”あぁ・・・面倒臭い・・・”
と思ってしまったのは、
今夜からまた、
家で血圧を計る必要が出てきたからだ。

婦人科の先生からの指示により、
昨年4月から血圧を計って、
結局三か月しか続けられなかった。




でも仕方ない。
皮膚科の先生が
「血圧を見たい」と言っているのだから。



先生に血圧手帳(ノート)ももらった。



それによると、
以前、家で計っていた頃のノートとは違って、
朝・晩、それぞれ、
「2回ずつ計って、その平均値も計算しなくてはならない」





ううっ・・・。

めんどくせーーーーーーー!!(;w;)


(先生、ごめんない、ごめんなさい)



最終更新 2015年11月11日


自己管理能力ゼロ。
何年も放置していることが多すぎ。

あまりにも放置しすぎて、病気が増えて行き、
今以上に医療費が掛かることを考えると、
なおさら行く気にならない。

・・・と、いつものように「言い訳」ばかり並べ立ててますwwww




●2015年現在、お世話になっている病院●


・精神科


・皮膚科
3年くらい前から急に蕁麻疹体質になった。今でも一年に2~3回発症。
現在、半年ほど通院中(乾癬と蕁麻疹と他の肌トラブルも多い)。




・肛◎科
発症から3~4年ほど。
2015年10月から、ようやく3年越しで通院開始。現在通院中。





・婦人科
2015年11月から、ようやく通院開始。
現在通院中の婦人科さんへは初めての通院だが、
20代の頃から、婦人科系の病気に関する悩みは尽きない。








★通院していたのに、行かなくなった病院(この1~2年の間で)★


・整形外科



・泌◎器科





---------------

●イレギュラーでたまに行くところ●

耳鼻科(鼻の穴をホジりすぎてwたまに穴ん中がただれるため)






■行くべき病院、診てもらったほうがいい病院

・脳神経外科

生あくびに数年悩まされていて、原因も全くわからないままにしている。
けれど、今年に入ってから気づいたら、
生あくびが格段に減っていた。これも理由は不明。
しかし、母親が脳梗塞で亡くなっていることを考えると、
脳神経外科で調べてもらうのは、避けて通れないかもしれない…。




・歯医者

これがいま一番マズイ。
騙し騙し生活している。
病院の中で一番キライな科。
それなのに、
幼少期から一番多く罹っている科。



・眼科
これもあまりよくないかも・・・。ってかマズイか…?




・胃腸科内科
歯は、私の一番のウィークポイントだが、
胃と腸も、私にとっては同じくらいまずいような気がする。
腹痛などは、だいぶ昔からよく発症する。
お◎じも安定していない。
ガ◎も、ほぼ毎日出る。しかもニオイが酷い orz
胃酸過多も、ほぼ一か月に一回ある。

胃カメラは、2007年以来、受けていない。
(嘔吐反射のトラウマがあり、怖くて行けない)








=============================

◆追記:2015年年5月23日


先日やっと胃カメラ検査。
初めて鼻からやったものの、やはり「おえっ(><; )」 となってしまったorz


直後に胃カメラ担当の先生に
「鼻と口と、どっちがやりやすかった?あまり変わらなかった?^^;」
と訊かれて
「うーん…^^;」と答えに詰まってしまった。


この嘔吐反射をクリアしないと、また胃カメラが数年あいてしまうなぁ・・・。
毎年一回必ずやってたら、慣れてくるんだろうか?


  ( ↑ 一年に一回なんて、やる気も無いのに、最初から言わない!!  )









(2017年6月 少々書き直し)



主婦湿疹には、本当に悩まされた。
本当に本当につらかった。
完治はしていないが、楽にはなった。


ネットでも色々と書いてあるようだけど、
あながち、ストレスと無関係というわけではなさそうだ。


現在もしっかりストレスを抱えているけど、
主婦湿疹が出なくなった代わりに、
今は他の症状(最下方に記載)になって表れているという可能性があるかも?
(2017年5月現在も皮膚科に通院中)





医者じゃないのでわからないけど、
私の場合は、実家で親と暮らしていた時代が、
自分にとって非常にストレスで、
主婦湿疹として表れていたんじゃないだろうか。



※これはあくまでも私の場合だけなので、
ACの人で主婦湿疹に悩んでいる人が、
実家を出たら絶対に主婦湿疹が治まるというものではないと思います
。※




あと、真面目に病院に通って治そうとしなかったこと。
これも治りが遅くなった原因だと思う。
今も昔も、相変わらず、
病院にきちんと通院して治すということが出来ていない。




私の主婦湿疹は前述の通り、完全に治ったとは言えないと思う。
ただ、現在は痒みも痛みもないし、湿疹の再発もないし、
両手の内側には適度に湿り気もある。


でも、両手の外側(表皮)が、
お猿さんのようなシワシワな指だ。
両手の内側の関節も、縦ジワがうっすらとたくさん残っていてる。
特に両手の第二関節の皮が「伸びてる」という感じ・・・。



試しに片手の指を伸ばした状態で、
もう一方の手で、痛くない程度で第二関節の表皮をつまむと、
皮膚に弾力がないから、
ほぼ皮膚が、つまんだ状態のまま残る。


ぶよぶよ+固くなっている表皮、みたいな・・・。


もう、ここまでシワシワになってしまっていると、
再生はできないんじゃないかと思っているので、
別段何もしていない。


2017年5月現在も皮膚科には通っているけど、
これは主婦湿疹以外の件で通院している。
前述の通り、痒みも痛みも全くないので、
院長先生にも主婦湿疹の話はしていない。


人前でシワシワの手を出すことを、
恥ずかしく思った30代もあったかもしれないけど忘れた。
(慣れてしまったのかも?)


どうせあと10年もしたら、
主婦湿疹によるシワシワか、加齢のシワシワか、
わからないくらいになる。







●私の主婦湿疹の発症(小学生)●

小学生低学年の頃から、
学校の室内履きや外履きを家で洗っていた。
この頃にすでに炊事用手袋があったかどうかわからないが、
私は毎回素手で洗っていた。

この年齢の辺りが、
主婦湿疹の発症開始だったと思う。
いま思えば、洗濯洗剤を使った後に、
きちんと手を洗ってなかったのも原因の一つかも。
母親に「ちゃんと手を洗いなさいよ」と
言われたかどうかは思い出せない。






●中学~高校●

高校時代の主婦湿疹がむちゃくちゃ酷かった。
絆創膏を両手すべてに貼ることも珍しくなかった。

両手の人差し指から薬指まで、
計12枚(一本の指の第一関節と第二関節)、
親指を足すと絆創膏を14枚使用という時もあった。



あの当時の私の絆創膏使用量は
ハンパではなかった。


スーパーや店で買い物をする際に、
レジの人が私の指の荒れ方に気づいて、
「あら・・・大丈夫?^^;」
と言ってきたこともあった。


そのうち、どこの店で買い物をする時でも、
”今日は、右と左、どっちの手荒れがマシなほうだろう・・・”  
と気にするようになり、
その日によって、指の症状がまだマシの方の手を使って、
お金を渡したり、釣りを受け取っていた。


指の腹がカサカサしていて潤いがないので、
スーパー備え付けのビニール袋が、
なかなか開けられないことも多かった。
実は現在も、たまに開けにくいことがある。
運が悪いとキューリ売り場の前で1分近く格闘したり(-_-;)



十代の頃、ビニール袋をどうしても開けられなかったことがあって、
一回だけ、レジの人に
「すみません・・・開けられないので開けていただけますか?」
と頼んだら、
ちょっと苦笑されて開けてもらったことがあった。


対人恐怖に関連して、こういうことも自分にとってはストレスだった。
おそらく私は、自分の口で説明する頭をもってなかったんだと思う。
賢い子だったら「ちょっと手荒れで開けられなくて・・・」
と補足説明するのだろうけど、
事情を説明せずにいきなり
「開けてもらえませんか?」と言われたら、
そりゃ
”なんで開けられないかしら”
って怪訝にもなるよな・・・。




「あかぎれ」により、指が曲げにくくなるのも痛くてきつかった。
物を掴みたい時にうまく掴めず弊害となる。


若い頃、2~3軒ほど(もっとあったかなぁ・・・)の皮膚科に通った時、
院内で販売されていた、綿の白い手袋を買って、
寝る時にそれをはめる・・・というのをやってみたこともあったが、
どうしても夜中にも痒みが出てくるので、
知らない間に手袋を外してしまうことが多かった。



ある時など、朝に目が覚めて
「あれ?手袋がない」と探したら、
何故か枕の下に、
手袋ワンセットが畳んで置いてあった。
たぶん寝ぼけて手袋を外して、枕の下に入れたんだと思う。










●20代から●

社会人になってからも症状が変わることもなく。
女◎◎大病院まで、
一年くらいだったか(記憶曖昧)通院したけど治せなかった。
(たぶんちゃんと真面目に薬を塗ってなかったんだろうと思う)



あと、これはうちの母からの話だったけど、
「手を少し熱いお湯につけるとスッキリするわよ」
と言ってきたことがあった。
私が知らなかっただけで、もしかしたら母も、
湿疹か痒みなどの疾患を抱えてたんだろうか?


熱湯に手を入れると、確かにスッキリ感を得た。
スッキリ感というより
「高揚感」「幸福感」と言うほうが近いかもしれない。


私はそれから幾度となく、
熱湯に手を入れることを試してしまった。
何年くらいか忘れたけど、短くはなかったと思う。


おそらく母も、なんの根拠もなしに、
「熱湯に付けると気持ちがいい」と、私に言ってたんだと思うが、
言われたままに試してしまって、本当に私は馬鹿だ。


いまググッて読んでみても、
湿疹などに対し高温のお湯を当てると、
皮膚にも、下手すれば脳にも、
ダメージを与え兼ねない・・という記述があった。




どうしてくれよう、うちのバカ母・・・。







●結婚してから●

いつごろ気づいたか思い出せないが、
いつのまにか、指に水泡も痒みも痛みも出なくなっていた。


「あっ、そういえば私、指が治ってる!」
みたいな感じだった。



私の場合は、この、
「結婚してから主婦湿疹の症状がでなくなった」
ということすらも、承認欲求の一つとしており、
いかに、
”私は実家ではストレスに晒されてたけど、
結婚してからはこんな風に湿疹が治ったから、あなたのお陰よ♪”
という、夫へのアピールの材料にしていた。




私の場合、
「実家を出て暮らしたら、いつの間にか主婦湿疹が出なくなった」
というのは本当だ。


実家にいる頃より、実家を出た後のほうが、
水仕事なども格段に増えたというのに、
それでも痒みや痛みや水泡が出なくなったということは、
「主婦湿疹 = 水仕事が多くなるから発症する」
ではないような気がしてならない。



あとは・・・考えられるとすれば、炊事用手袋の普及。


現在も必ず、炊事手袋を使って洗い物や洗濯をやり、
素手で洗剤に触れないようにしている。
少しでも触れてしまったら、
過剰に洗うのでもないけど、
チョチョッと水やお湯でヌルヌルを落としている。


また、水仕事などで手が濡れた後に、
手袋を装着する時は、よく拭いてから手袋を装着。
(こんなこと敢えて書かんでも皆やってるよね・・・^^; )


私の場合、タオルで水気を拭いても、
まだ手がうっすらと湿っている感覚があるので
(私のようなbbaだと肌の水はけが悪いもんで・・・w)、
タオルで拭いた後に、更に、服の腰やお尻の辺りで、
チャチャッと両手の裏表を撫でつけて拭いてから、
(お煎餅の表裏を焼いてひっくり返すような感じ)
手袋をしている。



炊事手袋に水が一滴でも入ってしまったら、
面倒だけどひっくり返して乾かしてから使うか、
入ってしまった水の量が多い場合は、
勿体ないけど処分して新しい物を使うようにしている。
あとはたまに手袋の中を覗いて、
なんとなく汚れているような場合も処分して、
新しい物に取り替えて使っている。



毎日の水仕事で必ず使用するので、
使い方に気を付けていても、
いつの間にか、手袋を外した時に、
ゴムが酸化したような臭いが手に付着することがある。

または、使用済みバンドエイドのような臭いが
手につくことも。
(「使用済みバンドエイドの臭いなんて嗅いだことがない」
という方はすみません。


わたしスキです、時々嗅いじゃいます・・・w )


その場合も、勿体ないけど破棄している。
おそらく、一回、そういうニオイが付いてしまうと、
もう取れないんじゃないかと思うので。



破棄、破棄って、
ポイポイと捨てているように感じられるかもしれないけど、
なんだかんだで大体、3か月近くはもつかな・・・。

話、盛りすぎ(^-^;)
「ギリギリ3か月」ってところ。
買った手袋との相性や使用頻度の多さなどによっては、1か月ももたないこともある。
何か所かのドラッグストアーやスーパーで手袋を買い続けて、
割と長くもってくれる手袋を置いている店がわかってきたので、
買う店はいつも同じ。




右利きなので、
やはり右手の手袋がダメになる事が多く、
左手袋の表裏を逆にして右手にはめて、
頑張って炊事をしていたことも何年かあったんだけど、
どうにも使いづらくて、もう最近はそういう事をやっていない。


あと、「右手用」だったか、
右手の手袋しか入っていない物も使った事があったが、
あまり長く使えずに直ぐにダメになったので、
そういうのももう買っていない。






※不潔だけど、昔は、
水が手袋に入った時でも、平気でそのまま使用していた。
これも主婦湿疹の悪化の原因だったんじゃないかと思う。
手袋の中を覗くと黒っぽくなっていたので、
カビではないかと・・・(´д`;) 
その黒いのを見てから、
手袋の使用に気を付けるようになった※







現在は、蕁麻疹と乾癬を患ってしまい通院中。


蕁麻疹で背中が強烈な痒みに襲われて、
睡眠を何度か阻害されたことがあったから、
飲み薬だけは毎日、忘れずに服用しているけれど、
今でも、やはり、治すことに対して不真面目で、
乾癬の軟膏なども毎日きちんと塗っていないので、
ダラダラと2年ぐらい通っている。