2015.11.30 カネまわり
最終更新 2016年7月5日


やっぱり気になる。
夫のカネまわり。

あれだけ永らく、
土日祝日にスーパーに行った時のビール代は、
毎回毎回生活費の財布から出させていたのに。

この二か月くらい、急だ。
自分のポケットマネーから出している。

更に、おつまみ等も一緒に買う。
(以前は、そういったおつまみも
家計の財布から出していた)
たまにおつまみを私にくれたりする。

”…怪しい…”

やけに優しいと、
どうしても「保身」「隠ぺい」と考えてしまう。


おつまみも受け取らないほうがいいんだろうか。
”コイツは食べ物で釣れる”
・・・と思われてる?


以前より時々、
夫婦の冗談めかした会話の中で、
「チョロいもんだ(笑)」
と夫に言われることがある。

もしかしたらそれも、
夫の本心でもあるのかもしれない>チョロい私


私が、一般常識に欠けてる、頭の悪いバカな女だから、
ナメられてるのだろう・・・。


給与明細も見せてもらってない。
結婚してから見せてもらったの回数は片手くらい。


カードキャッシング問題が発覚した時は、
「給与明細はシュレッダーにかけた」
と言われたこともあった。

毎月どれだけ会社から給料を渡されているのか、
相当、隠しておきたかったんだと思う。
給与明細を私に見せてしまったら、
夫がどれだけ自身の懐に入れてしまっているかが、
私にバレてしまう。


結婚してからずっとだが、
お給料が振り込まれる口座と、
生活費の口座は別だ。


給料日に夫が、
給料の振り込まれた口座から必要額を引き出す。
引き出した後の残りは全部夫のものとなる。


生活費を渡された私は、
指定の生活費用の口座に入れる。


年俸制になった今の勤め先になっても、
相変わらず給料明細は見せない。
「年俸制なんだから金額は固定だよ」
と拒否られて見せてもらえていない。


なのに近年、
生活費として渡してくれる額が
上がることがある。
金額は固定なのに???


私がおかしいのだろうか。
私こそ過去に、
夫の稼ぎなのに自分の趣味で好き勝手に遣ってきて、
それを棚にあげて他者に厳しすぎる?


生活するのに充分な金額を
毎月渡してもらっている。
私はそれを感謝するべきであって、
疑うなんてのは言語道断?


でも私の根底に強く残っている十年以上前の出来事。

”実は明日、◎◎円くらい必要で・・・”

と夫に言われた時。


あの頃の私は、全く気付くことができなかったが、
今おもうと、
返済日が近づいている時の夫は、
むちゃくちゃ機嫌が悪かった。
会話も少ないし、笑顔も少ない。
明らかにいつもの夫と違っていた。


当時の私は、
夫の顔色を窺うクセが異常に強く、
「なんか怒ってる?」としつこく聞いた。

「怒ってないって」
と答える夫の口調は、
明らかに、いつもの夫と違っていた。


まるで、自分がしたこと(借金)の「保身」のために、
怒って誤魔化しているような感じがあった。


「もうやらない」と、
滅多に私に涙など見せない夫が泣き、
家計から返済したら、またやられた時もあった。


言葉で言い表せないほどのショック。


もう騙されるのは嫌だ。
もう嘘をつかれるのはまっぴらだ。


きのうも、
髪を切りに行った後か、前かわからないが、
短時間のパチンコをした模様。


ちょっと暫くは、散髪だけ行って、
すぐ帰ってきた時が何度か続いていて、

”あぁ、凄いな、
だいぶパチ屋へ行く回数を減らしたんだな・・・”

などと思ったんだけど、
またパチンコ熱がぶり返したか・・・。


ネットで他者のブログなどを読んでみても、
”借金癖は治らない”
って書いている人がやっぱり多いしな・・・。


いつも思うのだが、
依存症に全く無自覚で、思いのままに過ごしている人間と、
依存症だと自覚していながらも、それを治そうとしない人間と、
どっちが罪深い(????)のだろう?


後者のほうが罪深いのだろうか。
”わかってんなら治していけよ” 的な。


前者だと、

”無自覚なら仕方ないな” 

となるようなことでも、
後者だと途端に、周りの目が厳しく感じられるのは何故なのだろう。


”厳しく感じられる” のは、
自分だけで、
周りはナンとも思ってないのかもしれない???



2015.03.20 医者依存?
たまたまさっき、民放の情報番組を見ていて、
海外のママブロガーが、
他人からの称賛や注目を浴びたいがために、
自分の息子に高濃度の塩分を注入し、
殺めてしまったというニュースをやっていた。


母親は「ミュンヒハウゼン症候群」
という病名らしい。
アメリカでは年間600~1000件ちかくの症例もあるとか。


しかも日本でも、1998年に症例があった。

ミュンヒハウゼン症候群(ウィキペディア)


・・・まさか私、これに罹ってないよなぁ・・・。
まぁ、なんでも病気と位置付けるのも、
私の悪いところなのかもしれないが・・・。


常にどこかしら
身体的な病気を「敢えて」(?)もっている。
それは「不摂生」として片づけてよいものなのか。

それとも、やはり、医者や病院への「依存心」なのか。

それとも上記のような精神疾患なのか・・・。


私は、もう永らく 「薬を飲まない日」がない。
毎日常に何かしら服用している。
それは、 医者から処方されている毎日服用の薬であったり、
無駄な(?)咳込みが稀にあるために市販の薬を飲んだり。

胃酸が出て気分が悪い時にパン◎ロンを飲んだり。


また、何十年も、ベ◎ぴ気味だったり、稀にげ◎だったり、
安定もしていなかったので、
二年くらい前に一時期、
ボ◎ギノー◎や、ビ◎フェ◎ミン止瀉薬を、
常にストックしてあった。


しかし、この一年くらいだろうか、
コーヒーを飲むようになったら、
ベ◎ぴがだいぶ軽減してきたので、
最後に買ったのはいつだったか忘れたが、
それ以降買っていない(ストックはそのままだが)。


まぁ、本当は、
コーヒーに頼らずに出来たほうがいいんだろうけど…。
(ちなみにコーヒーは、大きめのマグカップ利用で、
一日に2~4杯程度)


「薬を飲まない日はない」 ということは、
何かのきっかけで、
全く薬を服用しない日が数日続いた場合、
薬の脱離症状などが、やはり起こるのだろうか?

精神科の薬などは、
急にやめると副作用がある、とは訊くが・・・。

もし、精神科の院長に、
「そろそろ薬を飲むのをやめてみようか?」
と言われたら・・・。
私は、どう思うだろうなぁ・・・。

物凄く不安感が押し寄せるような気がする・・・。


やっぱり、薬物依存にも罹ってるのかなぁ・・・。