2020.03.26 進歩なし
隣人がご挨拶に来た。


前回大失敗したので、今回は頑張ろうと、
2年前の近隣からの挨拶の話

ドアを開けた直後に、
「どうも、お待たせしました~!」
と笑顔で出ることができたが、そんなものはほんの一秒ほどで終わった。


お相手がお名前を名乗り始めた途端に緊張が走り、真顔になってしまい、
顔がひきつるのが自分でわかった。


こういうのって相手にはバレバレなんだろうな・・・。


またしても
「変な人だったね・・・」
「なんかヤバそうじゃね?」
と思われてるかもしれない・・・。


泣きたい・・・orz orz orz




前回から今回まで、
進んで外に出たり、人と会ったりしているわけじゃないのに、
「今回は笑顔で対応しよう」
と思うのが大きな間違いで。
そんなこと出来ると思っている自分が図々しい。



ゲームの、自分の最大HPが「1」のくせに、
「500」のことをやろうとしているのと同じかもしれない。




あまり自分をジャッジするのはよくないのだが、
どうしても卑下してしまう。


来月中旬頃に、
またしても二軒の病院に連れていかなくちゃならない・・・。
今度は胃腸科と泌尿器科。



泌尿器科では、3か月に一度ホルモン注射をしてもらっているが、
ローテーションの問題で、いつも夫がその病院に連れて行っていた。
姉と私は初めて。



その注射は毎回7~8千円かかってるのだが、
果たして本当に必要なのかどうかは謎。
毒父は、医者に対して盲目的なので、
勧められるままに注射をしてもらっている可能性もなきにしもあらず。





また4~5時起きだろうな。
疲れるな・・・。



一週間に一度の頻度で通院同行してるわけじゃないし、
端から見たら「なんでそんなんで疲れるの?」かもしれないが。



「大変さ」は、人それぞれ違うので・・・。





40分程度で出来上がった。

ネット検索で辿り着いたページの作り方が非常にわかりやすく、
バレンタイン以外ではお菓子を全く作らない自分でもなんとかできた。
日付変更線を超えた0時過ぎ(1月14日)に、
ちゃぶ台に置く予定(この時間帯は、だいたい夫は
居間でうたた寝ぶっこいている)。

ここ数年のバレンタインは、
某メーカーの、材料などがセットになった物で作っていたのだが、
近年、その種類が変わり映えしなくなってきたというか、
私が作れるセットの種類が限られてきた(´∀`;)
そうすると「また昨年と同じ物になってしまう・・・」
ということで今年は違う物を作ることにした。

・・・とかナンとか言って、つい2週間ぐらい前までは、
”デパートでお煎餅を買って済まそうかな・・・”
などと思っていた( ̄ー ̄;)
(そもそも夫は普段から甘い物を全く食べない。
食べられないわけではないが日常的には食べない)

来年はお煎餅にしようかな・・・( ̄▽ ̄;)あせあせ


------------

先日からの件は全く解決に至っておらず。

思い出してしまう間隔は少しだけ空いてきたものの
どうしても拭いきれず浮かんでくる。

カウンセリングで話してみたが、
私から見ている4人と、4人が見ている私とでは、
温度差があるのではないかと思い至った。

・・・・と殊勝なこを言ったところで、
サッサと忘れられるわけではないのだが・・・。


先日から書いている、メールの返事がこない友人の話。



この友人Aは、ただひとり、
うちの毒母が亡くなったことを喪中はがきで報せた時、
明けて1月中に私に電話をくれた人でもある。
正直うれしかった。



それでも、友人Aは友人Bと海外旅行に行ったこともあるが、
(確か一回ではなかったように思う)私は後付けで知った。



カネがないと思われのか(どうせ本当にカネなんか無いし)、
誘ったら迷惑を被られると思ったのか(性格悪いしね)、
せっかくの旅行が台無しになると思われたのか(そうかも)。




20代後半の頃、友人Aと私と、友人Aの後輩(私と顔見知り)の
計3人で出かけたスキー一泊旅行で、
友人Aと後輩が、まるでタッグを組むように仲が良く、
後輩が私を小馬鹿にする発言を繰り返していたことで私の怒りが増し、
帰りの列車に乗り込んだ時に、その後輩を怒鳴りつけた経緯があった。



列車の発車ぎりぎりまで、友人Aと後輩が駅構内の土産屋に籠っていて、
慌てて二人でホームに戻ってきた途端に、その後輩が、
「座席って何番~~?」
と、友人Aに言ったのか私に言ったのか知らないが、
ぎりぎりまで過ごしていて自分の席番も確認できていなかったことで、
私がカッ!となってしまったのだった。



瞬間湯沸かし器みたいにカッ!となるところ、実家にいる誰かとそっくりだね~~






そんな経緯があるんなら、
そりゃ海外旅行なんて、もっと誘われないわなーーwwwww






友人AとBと私を含め、
高校の仲のいいもん同士の5人グループだった。
中学3年の時点で特定の友達が一人もいない状態で卒業した自分に、
初めてできた友人たちでもある。



そんな5人ではあるが、
20代前半の頃だったかみんなで国内一泊旅行に出かけた時、
列車の座席(二人掛け)で一人余ってしまうことや、
遊園地に行っても、また誰か一人余ってしまうことで、
なんとなく帰りは5人ともギクシャクしていたのを思い出す。



どのくらい会ってないだろう?
もう20年弱ぐらい経つかもしれない。



現在は年賀状のやりとりのみ・・・・・・となっているのは私だけで、
友人A・B・C・Dの4人の中で会ったりしてることもあるのかも。



実は4人のうち、今年の年賀状が来ない子が一人いる。
来ない理由はわからないが、
元旦以降、2~3日に一度は思い出してしまう。
私が友人Aに年明けにメールしたのも、実はその件だった。
「あの子から年賀状来てる?」みたいな感じで。
そのメールの返事も来ないというわけだ。



一挙に2人から音信普通・・・。



また、前述の友人Bの電話番号が今もわからない。
2019年に喪中はがきが来て、そこで引っ越しした事を知ったが、
電話番号の記載がなかった。
もちろん今年届いた年賀状にも書かれていない。



下種の勘繰りで、
私に教えたくないから記載しなかったのかも・・・と思ってしまう。



20代の頃から、この友人Bには、
悩みがある度に長電話をしていたしな・・・。
この友人Bからアドバイスを貰っても、
私は悩みをダラダラと吐き出したいだけなので、アドバイスされても受け入れないのだ。
「でも・・・」
「だけど・・・」
ばかりで。



そりゃ、人をゴミ箱扱いしてれば、
煙たがって電話番号を教えてもらえないかもな~wwww




そのうち、長電話ばかりしていることで、疚しさがあったからか、
電話をかけて一発目に、あちらのお母さんが出ると緊張感が走った。
口調に抑揚があまりないのだが、
被害妄想で、”お母さんもしかして怒っているのでは?” と毎回思っていた。



(それでも長電話をやめず、「毎回」悩み相談してたのね・・・ )

馬鹿



この友人Bに、暑中見舞いを出そうと思っている。
そこで
”差し支えなければ電話番号を教えてほしい” 
と書こうと思っているのだが・・・・。




・・・ってか、まだ1月なのに、7月まで待てるのか?自分。



それにもしスルーされたら・・・・??
される可能性だってゼロではないわけで・・・・。



考えてみれば、友人4人全員の携帯番号も知らない。
知っているのは固定電話のみ。


このご時世、固定電話番号をもたない人もいる。
引っ越しした友人Bも携帯の番号しかもってないかもしれない。


それじゃ、ますます教えたくないかも・・・。


こんな迷惑千万な奴に携帯番号なんか教えたら、
掴まえようと必死に電話してきそうでイヤなんじゃないかと思うのだ。
(もちろんそんなことはしないが、
友人Bが知っているのは、長電話魔だった頃の私だ)





疲れた。


疲れる。


スッキリしたい。






2020.01.23 澱み
先日のブログで、

”カウンセリング中に、カウンセラーが横を向いており、それを言えなかった”

という話を書いたが、


昨日のカウンセリングで、非常に言いづらかったが頑張って伝えてみた。


カウンセラー自身は全く「そのこと」を覚えていなかったらしく、


「・・ああそう・・(笑)。
”話を聞いてないんじゃないか?” って思っちゃったの?ごめんね?」


と微笑みながら優しく答えた。




カウンリングの終りにも、


「今度からは、”よそ見してんな?” と思ったら、遠慮なく言ってください」


と穏やかに答えてくれた。




伝えてよかった。

少しスッキリした。





・・・なのに、相変わらずモヤモヤが消えない。
2日に一度ぐらいは思い出してしまう、友人から届かないメールの返事。


”メール自体を読み込んでないかもしれない”

などとも思ったりもする。



私はガラケーも使ったことがない化石な奴だから、
今のネット事情(パソコン以外)に凄く疎くてわからないのだが、
今どきの人々は、メールなんて使ったりしないのだろうか。
もしかしてLINEでやりとり?


”だったらなんで、2018年の年賀状にフリメのアドレス書いてたんだろうなぁ・・・”


とか思ったり。
ただの気まぐれ?
やり取りしたいから書いてたんじゃないの?


・・・というか、そもそも、そのフリーのメアド、その子のものなんだろうか?
年賀状には肉筆で書かれていたけど、
もしかして本人のものじゃなくて旦那さんのメアドとか?



”蔑ろにするような人間とは縁を切ったほうがいいのだろうか”


・・・と思う反面、


”メールに気づいてないのかもしれない”


・・・と否定する自分もいる。






返事をよこさないのは、私が嫌われているという証拠なのかもしれない。



嫌われていることを受け入れたくないために、
必死で他の理由を考えているのかもしれない。






2020.01.16 ネガ思考
十数年前HPを持っていた時、日記のページで、
敢えて

”暗いことを書かずに明るい内容のみの日記を書く”

という課題を自分に与えて実行してみたことがあったが、
一か月も続かなかった。

”暗いことしか書きたくない”

のに、その逆をやるもんだから、辛くてしょうがなかった。


Twitterでも試してみたことがあったが、やはり一か月ももたなかった。


何故、
”明るい内容だけを書こう”  
と無理やり頑張ろうとしていたかというと、

”目にした人が暗い気分になるかもしれない”

と思ったからだった。




今も、それは変わらない。


だからと言って、ここのブログで、
これから明るいことだけを書こうとは思わない。


どうせできっこないからだ。





暗い気分になりたくない人は来ないだろう。
毒をまき散らしているこんな所へは。



2020.01.14 夢もチボーも
中学生の時に、
ほんの少し「漫画家になりたい」と思っていた。
描いてどこかに 発表 応募するのでもないのに、
丸ペンとGペンとインクだけは持っていた。



小学生の頃のお正月とか、
親族が爺さん婆さんの家に集まった時、
親戚のおじさんが酔っぱらいながら、


「おい、ででむし、なんか描け(笑)」


と言ってくるんだが、嫌ではなかった。
むしろ嬉しかったかもしれない。
(ちなみに私の両親から言われたことはない)




今でも漫画を読むのが好きなので、
細かく数えてないがおそらく100冊近くのコミックスが奥の部屋に。
これでも20年前の引っ越しの際に100冊以上、ブックオフに売ったが、
どうしても売ることができないコミックスを残した。



毒父は、

”アニメに対して何か恨みでもあんの?”

・・・と思うくらい拒否っていた。



だいぶ前にも書いたことがあったが、
毒父が自分の部屋にすっこんでる時に、
丁度午後7時になって、観たいアニメが始まり、

「しめしめ(笑)」

とチャンネルを合わせたら、毒父が部屋から出てきて、

「ほら!!!また漫画なんか観て!!」

と、私が大嫌いな、あのダミ声で一喝する。
そしてチャンネルを変えてしまってプロ野球を観る。



だから今でも私は、あまりプロ野球が好きではない。
毒父に一喝された過去を、どうしても思い出してしまう。



私が子供の頃は、
アニメの開始時刻が午後7時や7時半からが殆どだった。
なので野球のシーズンになると、どうしてもガチンコしてしまう。




毒母はアニメは嫌いではなかったと思う。
毒父が宿直で家を留守にしている時は、
毒母も姉や私と一緒にアニメを観ていたからだ。
まぁ、本当に好きだったのかどうかわからないが・・・。
好きなフリして私ら姉妹を取り込んでいた可能性もあるし。






漫画家以外に、
ほんの少しでも ”なりたい” と思ったものが無かった。



社会人になって、
自分で自由にお金を遣えるようになると、
月給もボーナスも貯めることなどなく、
好きな音楽に湯水のように遣いまくっていた。
グッズ、雑誌、イベント参加、コンサート、ファンクラブ会費・・・・。
(ちなみに有給も毎年綺麗に消化)



(いまでは、そうやってお金を遣い、有給も使いきって休まなければ、
生き抜いてこられなかったのだと思えるが・・・)






高校なんて、補習でギリギリ卒業したほどバカだし、
専門学校の卒業も危なかった。
社会人になって幾つか転職した先でも失敗ばかり。
仕事でも失敗、人間関係でも失敗。
失敗から学ばない。
次に活かすことができないのだ。





頭が悪いし、飲み込みも悪いし。
さらに性格も悪いときてる。



希望なんて何もない。
たぶん今も。



こんな自分に何ができるだろう?
(生きてればの話だが)60、70になってもメンクリに通って、薬も飲んで、
カウンセリングも受け続けるつもりだろうか?
20代から足掛け何十年なんだ?っつーの・・・。




先日のカウンセリングで、
私が話している途中、ほんの5秒ほどだったが、
カウンセラーが明らかに、
違う方角を見ていたのがとても気になってしまった。
気になったのなら
「気になるんですが・・・」
と言ったほうがいいのに、その一言が出ない。
今は落ち着いたが、
カウンセリング後の1~2日はひきずっていた。


こんな状態でいいのだろうか?






つい先日、高校時代の友人にメールを送った(3行程度)。
二日ほど経つが返事がない。
また私の悪い癖が始まってしまい、
被害妄想に陥っている。
周りから嫌われているように思えてしまう。

そう思うのと同時に、

”イヤな奴だなー”

などとも思ってしまう・・・。

”シカトするのは気分がいいだろう?”

みたいな。

”年賀状に毎年のように書いてある「会いたいね」なんて、
どうせ社交辞令なんだろう?”

とか・・・。

メールの返事がこない = 無視
と思い込む短絡的脳みそ。
実家にいる誰かさんとおんなじ。





何を書きたいのかわからなくなってきた。
最初は「なりたいもの」に関しての話だったのに、
だんだんと内容が違う方向に飛ぶ。
これもADHDが関係しているのだろうか。





2020年が始まったばかりなのに、思いっきり不安定だなぁ・・・・(´д`;)


ほんと、夢もチボーもないね・・・(古い・・・・)。





2020.01.06 午前4時台起床
今朝、4時20分起き・・・・(-ω-;)
5時50分頃、家を出発。

毒父の通院同行の予定(2020年1月)


早朝で辺りが暗く寂しいので、
夫も出勤がてら、一緒に駅まで歩いてくれた。



電車のホームに到着する頃にようやく、うっすらと夜が明けてきた。


実家に7時15分頃到着。姉と待ち合わせ。


胃腸科で2時間。
眼科で2時間半、待たされた。


自分の家に戻ってきた時には午後3時近かった。



・・・ぐったり・・・orz orz orz



人口と、病院の数が比例していないんだと思われ。
また、どちらの病院も先生一人でやっているためか、
捌ききるのに時間が掛かるようだ。



それにしても毎回の毒父の通院同行で思うけど、
いつ呼ばれるかもわからない状態でずっと待つって苦痛だな・・・。
それは自分の通院の時にも経験があるが・・・。


順番の書かれた紙を発券してくれるとか、
あと何人ぐらい待っている人間がいるのか一目でわかる電光掲示板とか、
そういうものを作ってくれればいいのに。




胃腸科も眼科も、次回は3月に通院予定。



相変わらず毒父のことで、不快な想いをしたことが多々あるし、
”いい加減にしてくれよ” と何度も思ったりもしたが、
今日はくたびれているのでおしまい。


後日改めて書くかもしれないし、書かないかもしれないし・・・。





今朝5時頃に急に眼が覚めた。
胃のあたりがなんだか気持ち悪くて、枕元のヴィックスを一個、口に放り込んだ。
胃から足までがなんだか熱く、
部屋着のズボンも、その上に履いているフリースのロングスカートも、
そんなにきつくないはずなのに、締め付けられている感じがして、
パンイチになった(-ω-;)

6時半までの間に2回トイレ。



なんでも毒父のせいにするのもどうかと思うが、これはたまたまなのか?


過去ログで、
「腸は第二の脳という記事をネットでみつけた」という話を書いたが、
”脳は回避しようとするけど、腸はダイレクトに受ける”
という内容を思い出すと、
やはりこれは、先日の毒父との怒鳴り合いが原因なのではないかと思った。


昨晩の夜もあまり食欲がなかったし、胃酸が上がってもいたのでパンシロンを飲んだ。


こうなるともう自己憐憫が止まらない。
なんて私は気の毒な奴なんだと・・・。
先日のケアマネさんから届いた、
毒父が一人で散髪に行った件のメールでは、
「お父様にご連絡してください」とは書かれていなかったが、
あの状況では家族が電話せざるを得なかったし、
時間的にも夫も姉も仕事中で、私しか電話する人間がいなかった。



ふ~っ・・・。
まだ献立を考えてないから、やらなくちゃいけないのに、
やる気が出ないし。
明日、カラーリング専門店に予約を入れてあるんだけど
キャンセルしようかな・・・。
しんどいや・・・。
11月末に、いつもお世話になってる美容院でカット&白髪染めしてもらったのに、
3週間も経つともうダメ。生え際やもみあげの辺りが白くなってて。





2019.12.23 怒鳴り合い
「情報共有」として、
ケアマネさんが送ってくれたメール内に、

”毒父が一人で杖をついて散髪に行ってしまっていた”

と書いてあった。


あれだけ、うちの夫も私も姉も、

「一人で杖を使って外に出ない」

「もし一人で外に出て倒れて、誰にもみつけてもらえなかったらどうするの」

「頭でも打ったらどうする」

「一人で外に出て怪我でもして入院となったら周りの人間が大変」

・・・と言っているし、
ケアマネさんやヘルパーさん、デイサービスの方々も、

「まだ一人で外には出られないんですよ」

「理学療法士さんからのOKが出てないからダメですよ」



と伝えているのに。






毒父の言い分は、

「バスに乗ったとかじゃなくて、近くの店に行っただけなんだから!!」

「お父さんが自分で、大丈夫だと思って外出したんだからいいんだよ!!」


挙句の果てには、今月15日に、
私が家の中に貼ってきたA4の紙(「家のリハビリ無しでは
外に出て歩けるようになりません」と書いた紙)に対して、

「家の中に、あんなもんベタベタベタベタ貼るんじゃないよ!!
”こんなもの貼ってて嫌がらせしてるの?”って笑われたよ!!!」


私:
「誰にだよ!」

毒父:
「誰が言ったか言わないけどな!!」




お前が紙に書いてないと忘れちゃうから書いて貼ってたんだけど。

だったらちゃんと家でリハビリやれよ。

相変わらず
「デイサービス(火・木のみ)でリハビリやってるんだから!」
と言うしね。
一週間に2回だけのリハビリで歩けるようになったら苦労しねーけどなーーー。









他にもたくさん怒鳴り合いをした。
10分ぐらい電話で話していたと思うが、その9割が怒鳴り合い。


電話の冒頭、私が

「お父さんサ、一人で杖使って外に出たんだって?」

とフツーーーーーーに言うと、

毒父:
(情報が)早いねぇーーー。誰から聞いたの?

私:
ケアマネさんからメールでね。

毒父:
電話で聞いたの?

私:
いや、だから、メールでね。

毒父:
あぁそう。メール。


私:
お父さんサ、一人で外出して転倒でもしたら危ないよ?


・・・と言うと、前述のように、


毒父:
バスに乗ったとかじゃないんだよ?!!散髪しに行っただけなんだから!!


・・・と切れだした。




私:
いやだからサ・・・・そういう問題じゃないんだよ!!
何度言えばわかるのかな?!!
バスに乗ってないからいいとか、そういうんじゃないんだよ!!



毒父:
お父さんが、自分で大丈夫と思って外に出たんだから!!!




・・・・これの繰り返し。





もっと喋ったけど(でも10分ぐらい)内容が細かく思い出せない。


やはり怒鳴り合いというのは脳みそにもとてもよくないのかもしれない。


とても、とても疲れた。
ぐったりだ。

しかし毒父も疲れてるだろう・・・・・・・という気配りなぞしない。






私は今日の毒父との怒鳴り合いの中、心臓がバクバクし、
上唇も下唇もカピカピに乾いてきて、喉も痛くなってきた。


やはり毒父は今も十分、DV気質が残っている。
80代のジジイのくせに物凄い勢いで何度も怒鳴っていた。
私よりも大きな声を出さないと言い負かせないと思ったのか、
かなりな大声だった。



今回も、電話じゃなければ私は応戦できなかった。
これからもそう。
毒父の目の前で今日と同じ会話ができるかと自問すると、ゼロだ。


今年の7月にもこういうことがあり、
私は幼少期のトラウマから毒父を恐れていることを痛感した。





年の瀬も押し迫っている時に、
なんでこんな不快な想いをしなくてはならないのか・・・。




年明け6日から、胃腸科と眼科の通院同行が入っているが、
姉と私が行くか、夫が単独で行くか、まだ全く決まっていない。



それよりも毒父の奴、
今年の10月頃におせち(お重)を頼みやがって(凄くしつこかった)、
無理やり、姉と私ら夫婦を年明けに来させようとしてしまった。
こっちも断れなくて行くことになっている。



しかし今日みたいな怒鳴り合いをして、
10日後ぐらいにシレッとして「おめとうございます」の挨拶?


おそらく毒父は、今日、私に怒鳴った事などすっかり忘れ、
平気な顔してお重をバクバク食うのだろう。




正直な気持ちは、行きたくない。
年明けから不快な顔など見たくない。




早く消えてくんねーかな・・・・。
あんな奴の世話なんかマジでしたくないのに・・・・。