2020.03.26 進歩なし
隣人がご挨拶に来た。


前回大失敗したので、今回は頑張ろうと、
2年前の近隣からの挨拶の話

ドアを開けた直後に、
「どうも、お待たせしました~!」
と笑顔で出ることができたが、そんなものはほんの一秒ほどで終わった。


お相手がお名前を名乗り始めた途端に緊張が走り、真顔になってしまい、
顔がひきつるのが自分でわかった。


こういうのって相手にはバレバレなんだろうな・・・。


またしても
「変な人だったね・・・」
「なんかヤバそうじゃね?」
と思われてるかもしれない・・・。


泣きたい・・・orz orz orz




前回から今回まで、
進んで外に出たり、人と会ったりしているわけじゃないのに、
「今回は笑顔で対応しよう」
と思うのが大きな間違いで。
そんなこと出来ると思っている自分が図々しい。



ゲームの、自分の最大HPが「1」のくせに、
「500」のことをやろうとしているのと同じかもしれない。




あまり自分をジャッジするのはよくないのだが、
どうしても卑下してしまう。


2020.03.03 ひとづきあい
ときどき
「第一印象」
について考えてしまう。
それは何故か、台所で立って、
料理や皿洗いなどをしている時に思い浮かぶことが多い。



そういう点で言えば、
あの時の、越してきたご近所からの挨拶時の私は「0点」。
おそらく私の印象は最悪だったろうなと思う・・・。




・・・と思っているのは私だけで、
実はそうでもない?
被害妄想が強くてメンヘラだから、そう思ってしまうだけなのだろうか。




いくら私が、

「あの時の私は変でした」

「あの時の私はおかしかった」

と叫んだところで、人には届かない。





逆に、過去に私が、

「あいつって最悪」

と感じた人間に関して、当事者が

「あの頃の私はこうだったけど、今は違う」

と言ったとしたら、
私はそれを信じるのか?
いや、信じないし、「信じたくない」と思うだろう。
私に勝手に「最悪の烙印」をつけられた相手は、
永遠に私の中で「最悪」のまま。







第一印象の話とは違うが、


・小学3年の時にいじめてきたクラスメイトの男子二人。
・同じく小学3年の時に総スカンにしたクラスメイト全員。
・庇いもしなかったその時の担任。
・小学4~6年の時の担任。
・頬を(軽く)叩いたり、左手の甲にアザが残るほど叩いたピアノ教室の先生。
・姉と一緒になっていじめてきた隣の兄弟。
・中学の時に「特に」いじめてきたクラスメイトの男子。
・私を肩叩きした会社の上司( ← ダメ社会人だったので自業自得だが)

(・・・・・etc。思い出せないだけで他にも多数いる)




・そしてうちの親。
・余計なことを親に言った母方の叔母。
・実家に来るといつもおせっかいしてきた叔母。
・「猫がいるから」という理由だけで結婚式に来なかった叔父。



これらの人々の行為を水に流せる?




流せるわけがない。




じゃあ、他者が私を今でも嫌いと思っていたとしたら、
仕方なくそれを受け入れなくてはならないのだろうか。
学生時代と、社会人になってからと、
インターネットが普及してからのネット友達を含めたら、
私と喧嘩別れした人が沢山いる・・・・(-ω-;)




やはり、ACによくあるらしい「白黒思考」なのか、

「嫌い」か「好き」

しかない。

殆ど、

「最初の頃は仲が良かったのに、段々険悪になってサイナラ」

・・・というパターンが多い。
とても極端すぎる。
中間として、
「細々と緩く長く交流する」
ということができないのだろうか。





もしかしたら、自分の友達との付き合い方が歪んでて、

「最初は仲が良かった」

というのも、実はそうではなくて、
上下関係が確立していて自分が下の立場だったとか、
相手に迎合していたとか、様々に絡んだものがあり、
「段々険悪になってサイナラ」というのも、
「なるべくしてなったこと」なのかもしれない。



上下関係でいうと、いつも私は「下」だと思う。



先日も別件で、そう思った。
音楽の趣味関係で30年以上の付き合いのある友人で、
以前から頻繁にメールをしあっていたが、
ここ十年ちょっと、友人の仕事や生活が忙しく、
メールの間隔があいてきていた。
私も以前は頻繁に送っていたが、今は年に5回あるかないか。



そして、

「私は、この人からのメールに対して、返事をしなかったことは多分ないな・・・」

と思った。

でもこの十数年の間、相手からスルーされることは時々ある。

上下関係が出来てるんだなと思った・・・。

相手は、

”私がスルーしても仲は続く”

と思っているかもしれない。

だけど私は怖いので、返事をスルーすることができない。
スルーしたら相手が拗ねて、交流が終わるような気がする・・・。






「緩く長く」で言えば、年賀状だけの付き合いの、
例の高校時代の友人4人もそうなるのだと思うが、
それも疲れてきているということは、
もう私は4人と、年賀状の付き合いもやめたいということなのだろうか。
普段から全く、電話もメールもしあわないような状態で、
二十数年も会わないで、
果たして友人と言えるのだろうか。





いつまでもしがみついていないで、
次に行けばよいのかもしれないが、
普段から家に引きこもってばかりいる自分は、
この4人以外とのクラスメイトとの付き合いも全くないので、
4人との交流を絶ったら、学生時代からの友人は一人もいなくなる。




メッキが剥がれた、
「学生時代からの友人」というメダルのようなものを、
首にぶらさげていたいだけなのだろうか。




大袈裟なのかなぁ・・・。
考えれば考えるほど沼地にはまっていくようだ。



2020.01.23 澱み
先日のブログで、

”カウンセリング中に、カウンセラーが横を向いており、それを言えなかった”

という話を書いたが、


昨日のカウンセリングで、非常に言いづらかったが頑張って伝えてみた。


カウンセラー自身は全く「そのこと」を覚えていなかったらしく、


「・・ああそう・・(笑)。
”話を聞いてないんじゃないか?” って思っちゃったの?ごめんね?」


と微笑みながら優しく答えた。




カウンリングの終りにも、


「今度からは、”よそ見してんな?” と思ったら、遠慮なく言ってください」


と穏やかに答えてくれた。




伝えてよかった。

少しスッキリした。





・・・なのに、相変わらずモヤモヤが消えない。
2日に一度ぐらいは思い出してしまう、友人から届かないメールの返事。


”メール自体を読み込んでないかもしれない”

などとも思ったりもする。



私はガラケーも使ったことがない化石な奴だから、
今のネット事情(パソコン以外)に凄く疎くてわからないのだが、
今どきの人々は、メールなんて使ったりしないのだろうか。
もしかしてLINEでやりとり?


”だったらなんで、2018年の年賀状にフリメのアドレス書いてたんだろうなぁ・・・”


とか思ったり。
ただの気まぐれ?
やり取りしたいから書いてたんじゃないの?


・・・というか、そもそも、そのフリーのメアド、その子のものなんだろうか?
年賀状には肉筆で書かれていたけど、
もしかして本人のものじゃなくて旦那さんのメアドとか?



”蔑ろにするような人間とは縁を切ったほうがいいのだろうか”


・・・と思う反面、


”メールに気づいてないのかもしれない”


・・・と否定する自分もいる。






返事をよこさないのは、私が嫌われているという証拠なのかもしれない。



嫌われていることを受け入れたくないために、
必死で他の理由を考えているのかもしれない。






2020.01.16 ネガ思考
十数年前HPを持っていた時、日記のページで、
敢えて

”暗いことを書かずに明るい内容のみの日記を書く”

という課題を自分に与えて実行してみたことがあったが、
一か月も続かなかった。

”暗いことしか書きたくない”

のに、その逆をやるもんだから、辛くてしょうがなかった。


Twitterでも試してみたことがあったが、やはり一か月ももたなかった。


何故、
”明るい内容だけを書こう”  
と無理やり頑張ろうとしていたかというと、

”目にした人が暗い気分になるかもしれない”

と思ったからだった。




今も、それは変わらない。


だからと言って、ここのブログで、
これから明るいことだけを書こうとは思わない。


どうせできっこないからだ。





暗い気分になりたくない人は来ないだろう。
毒をまき散らしているこんな所へは。



2020.01.14 夢もチボーも
中学生の時に、
ほんの少し「漫画家になりたい」と思っていた。
描いてどこかに 発表 応募するのでもないのに、
丸ペンとGペンとインクだけは持っていた。



小学生の頃のお正月とか、
親族が爺さん婆さんの家に集まった時、
親戚のおじさんが酔っぱらいながら、


「おい、ででむし、なんか描け(笑)」


と言ってくるんだが、嫌ではなかった。
むしろ嬉しかったかもしれない。
(ちなみに私の両親から言われたことはない)




今でも漫画を読むのが好きなので、
細かく数えてないがおそらく100冊近くのコミックスが奥の部屋に。
これでも20年前の引っ越しの際に100冊以上、ブックオフに売ったが、
どうしても売ることができないコミックスを残した。



毒父は、

”アニメに対して何か恨みでもあんの?”

・・・と思うくらい拒否っていた。



だいぶ前にも書いたことがあったが、
毒父が自分の部屋にすっこんでる時に、
丁度午後7時になって、観たいアニメが始まり、

「しめしめ(笑)」

とチャンネルを合わせたら、毒父が部屋から出てきて、

「ほら!!!また漫画なんか観て!!」

と、私が大嫌いな、あのダミ声で一喝する。
そしてチャンネルを変えてしまってプロ野球を観る。



だから今でも私は、あまりプロ野球が好きではない。
毒父に一喝された過去を、どうしても思い出してしまう。



私が子供の頃は、
アニメの開始時刻が午後7時や7時半からが殆どだった。
なので野球のシーズンになると、どうしてもガチンコしてしまう。




毒母はアニメは嫌いではなかったと思う。
毒父が宿直で家を留守にしている時は、
毒母も姉や私と一緒にアニメを観ていたからだ。
まぁ、本当に好きだったのかどうかわからないが・・・。
好きなフリして私ら姉妹を取り込んでいた可能性もあるし。






漫画家以外に、
ほんの少しでも ”なりたい” と思ったものが無かった。



社会人になって、
自分で自由にお金を遣えるようになると、
月給もボーナスも貯めることなどなく、
好きな音楽に湯水のように遣いまくっていた。
グッズ、雑誌、イベント参加、コンサート、ファンクラブ会費・・・・。
(ちなみに有給も毎年綺麗に消化)



(いまでは、そうやってお金を遣い、有給も使いきって休まなければ、
生き抜いてこられなかったのだと思えるが・・・)






高校なんて、補習でギリギリ卒業したほどバカだし、
専門学校の卒業も危なかった。
社会人になって幾つか転職した先でも失敗ばかり。
仕事でも失敗、人間関係でも失敗。
失敗から学ばない。
次に活かすことができないのだ。





頭が悪いし、飲み込みも悪いし。
さらに性格も悪いときてる。



希望なんて何もない。
たぶん今も。



こんな自分に何ができるだろう?
(生きてればの話だが)60、70になってもメンクリに通って、薬も飲んで、
カウンセリングも受け続けるつもりだろうか?
20代から足掛け何十年なんだ?っつーの・・・。




先日のカウンセリングで、
私が話している途中、ほんの5秒ほどだったが、
カウンセラーが明らかに、
違う方角を見ていたのがとても気になってしまった。
気になったのなら
「気になるんですが・・・」
と言ったほうがいいのに、その一言が出ない。
今は落ち着いたが、
カウンセリング後の1~2日はひきずっていた。


こんな状態でいいのだろうか?






つい先日、高校時代の友人にメールを送った(3行程度)。
二日ほど経つが返事がない。
また私の悪い癖が始まってしまい、
被害妄想に陥っている。
周りから嫌われているように思えてしまう。

そう思うのと同時に、

”イヤな奴だなー”

などとも思ってしまう・・・。

”シカトするのは気分がいいだろう?”

みたいな。

”年賀状に毎年のように書いてある「会いたいね」なんて、
どうせ社交辞令なんだろう?”

とか・・・。

メールの返事がこない = 無視
と思い込む短絡的脳みそ。
実家にいる誰かさんとおんなじ。





何を書きたいのかわからなくなってきた。
最初は「なりたいもの」に関しての話だったのに、
だんだんと内容が違う方向に飛ぶ。
これもADHDが関係しているのだろうか。





2020年が始まったばかりなのに、思いっきり不安定だなぁ・・・・(´д`;)


ほんと、夢もチボーもないね・・・(古い・・・・)。





今朝5時頃に急に眼が覚めた。
胃のあたりがなんだか気持ち悪くて、枕元のヴィックスを一個、口に放り込んだ。
胃から足までがなんだか熱く、
部屋着のズボンも、その上に履いているフリースのロングスカートも、
そんなにきつくないはずなのに、締め付けられている感じがして、
パンイチになった(-ω-;)

6時半までの間に2回トイレ。



なんでも毒父のせいにするのもどうかと思うが、これはたまたまなのか?


過去ログで、
「腸は第二の脳という記事をネットでみつけた」という話を書いたが、
”脳は回避しようとするけど、腸はダイレクトに受ける”
という内容を思い出すと、
やはりこれは、先日の毒父との怒鳴り合いが原因なのではないかと思った。


昨晩の夜もあまり食欲がなかったし、胃酸が上がってもいたのでパンシロンを飲んだ。


こうなるともう自己憐憫が止まらない。
なんて私は気の毒な奴なんだと・・・。
先日のケアマネさんから届いた、
毒父が一人で散髪に行った件のメールでは、
「お父様にご連絡してください」とは書かれていなかったが、
あの状況では家族が電話せざるを得なかったし、
時間的にも夫も姉も仕事中で、私しか電話する人間がいなかった。



ふ~っ・・・。
まだ献立を考えてないから、やらなくちゃいけないのに、
やる気が出ないし。
明日、カラーリング専門店に予約を入れてあるんだけど
キャンセルしようかな・・・。
しんどいや・・・。
11月末に、いつもお世話になってる美容院でカット&白髪染めしてもらったのに、
3週間も経つともうダメ。生え際やもみあげの辺りが白くなってて。





2019.11.19 人の目
先日の、毒父を胃腸科に連れて行った時の話で、
書き忘れたことがあったから、
忘れる前に書き残しておこう・・・。



毒父は声がとても大きい(補聴器使用以前に、若い頃から声がデカい)。


看護士さんに、
「◎◎さーん(毒父の名前)。今朝、何時頃、何を食べましたか~~?」
と大きな声で声掛けをしてもらっていた毒父。


すると満杯の待合室の人々の目が、一気にこっちに向けられた。
首を伸ばしてこっちを見ている人までいた。


毒父の
「今日は混んでるねー」
という雑談(やはり声がデカい)すらも返答するのが嫌。

チラリと、こちらを見る患者さんがいた。


お願いだから、診察室に呼ばれるまで話しかけるなよ。
(無理だろうけど・・・・orz)



・・・・きつい・・・。
対人恐怖だからきつい、こういうのは・・・。



幼少期、家族で出かけた電車の中で、平気で痴話喧嘩を始める両親を、
周りの人がじろじろ見ていた時のことを凄く思い出す・・・・。




2019.10.04 息継ぎ
いろいろと不安定になっており、
ブログを暫くお休みしています。
何かこう、
「お前勘違いしてんじゃねーか?」
と自分に対して思うところがあったので、
ほんの数日だったが様子見していた。


自分がどれだけ必要となんかされていないか。
他者から注目などされていないか。


今までブログランキングで、
本当に稀な事だが3位などになることがあり、
その結果を見て調子に乗っている部分が大いにあった。


そして、その順位の決まり方も、いまいちわかっていない。


私は、ブログを更新していない時でも、
一日一回限定の「ポイントルーレット」を回すことが多かった。


だからきっと、3位などになるのも、
「自分がポイントルーレットを回していたから、
たまたまその順位になっただけなのではないか?」

と思った。



・・・なのでルーレットを回すのをやめて静観していたら、


更新しないと急激に順位が下がってゆくw
・・・と同時に、解析にも殆ど結果が表示されない。





まぁ・・・ここのところ、心身ともに不安定ではある。
だからネガティブなことばかり考えてしまうのかもしれないが・・・。



どうも3~4日ぐらい前から体調もあまりよくなく、
買い出しには出るものの、他はずっと居間で寝ていたり。
録り溜めてあった番組を見るも、何度も寝落ちしてしまう。



昨晩の夕飯は、食欲が湧かなかったので食べなかった。
一昨日は残っていたシチューを食べたが、
その前日の夕飯は茶漬けで済ませてしまった。



毒父から頻繁に電話が掛かってくるのでもなく。
誰かに何を言われたというのもでなく。



更年期だからナンなのか。
それとも気候が不安定だからか。最近気温の高低差が激しいし。
我が家ではまだエアコンをフル稼働だ。
寝る時も、風量は止めて一℃上げるものの付けっぱなし。


それとも、何もストレスを受けていないと思っていても、
無意識に受けていたのか。
はっきりと理由がわからない。


幸いなのは夜は眠れていること。
これだけ。





ふと思ったんだけど、私は今まで、


「周りの人に育ててもらったから、
今度はそれを他の人のために役立てたい」


と思ったことが一度もない。


自分の親にも「育ててもらった」と思えない。


”感謝ってなんだろう?”  ・・・という感じ。
アホみたいな話だけど、本当にそう。


”ありがたいと思えたら、それが感謝なのかな?”
ということなら、
ようやく最近、夫に対して「有難い」と心から思えたことはあった。



人に感謝することすらわからない、こんな歪んだ思考を、
「ACだから」などと片づけてよいものなのか・・・。






「ブログをやってても、人の役にも立ててない」
と思ったりする。


自分を切り売りして、
自分の原家族の恥も、自分の恥も晒して書いて、
それが何になるというのだろう?


(まぁ誰も頼んでないんだけども。自分が勝手に書き始めたわけで)




あまり、自分をジャッジするのは、
自分イジメと同じだからよくないんだが、
なぜか自己否定がエンドレス・・・(-ω-;)




メモを持参し、カウンセリングでダーーッと話した。

食事会の件で一番多く時間を割いた(多くと言っても30分カウンセリングなので短時間)。



話しているうちに、相手のカウンセラーに、
父に関する愚痴を話す自分を拒絶されているような、
父の愚痴を話す自分がだんだん悪い人間に感じられてきて、
初めて、このカウンセラーの前で泣いてしまった。


以前8年間お世話になったカウンセラー(女性)の話を引き合いに出し、


「私が、 ”父には早く●んで欲しいんです”  と言ったら、その先生は、
 ”それでいいんですよ” と肯定してくれました。」

と言うと、

「肯定して欲しいですか?」と切り返された。


現在のカウンセラーは70代ぐらいの男の先生。
うちの父親の方がだいぶ上だろうけど、
年齢的に近いから、庇いたかった&同情したかったのだろうか。


私の考えすぎ・下種の勘繰りかもしれないが、
口調がいつものように柔らかではなく、責められている様な気持ちにもなった。
「責められている様な気がします」
と言ったら、
「そうですか」
と一言で終わった。


「(お父さんは)不器用な人なんだな、という風には受け取れませんか。」
と聞かれたので、
「・・・それは無理ですね・・・今はダメです・・・」
と答えた。



不器用な人だけで片づけられるもんじゃない。
親との亀裂に関してはカウンセラーに話してきているが、
まだ、ここのブログに書いている内容の5分の1も話していないので、
うちの両親がどんだけ酷かったかというのを、
カウンセラーがまだ知らなくて、こういった「不器用な人発言」になるのだろうか?




逆に言えば、不器用な親だったら、子供に何をしてもいいのか?という話になる。




余談だが、不器用で許されるのは高倉健だけだ(当時のコマーシャルの話)。












先日テレビで、津川雅彦さんと朝丘雪路さんのお別れ会を観た。
娘さんが「世界一のお父さんとお母さんでした」と言っていた。



私だって、そんな風に胸を張って言えたらどんなにいいか。



でも、うちの両親が私にしたことを、そう簡単に許すことはできない。
ここのブログで書き殴っている、両親から受けた言葉の数々や態度、
私を守るどころか、親同士で結託して私を責めたり、
理由をちゃんと聞かず、酒の勢いで、頬に痣が残るぐらい平手で叩いたり、
父親からの現在の不快な態度や言葉を、そう簡単には流せない。



父親自身に、
「自分が悪いことをしたのだろうか」
などという気持ちが、まるで見えてこないところも腹立たしい。



いつだって自分が正しい。
間違っているのは周りの人間。
子育てからして(母親に押し付けてたから)責任転嫁がデフォ。



今年、近県の自分の妹宅に招待されて一泊したらしいが、かなり歓迎された模様。



あの父親のことだ。

「ででむしはホント、どうしようもなくてね。私ん家にも全く来ないんだよ。
本当にも~~~。
お母さんは一体どんな子育てしたんだろうか」


くらい言ってそう。


誰が行くか、あんなゴミ屋敷の実家。
空気中に漂ってる塵や細かいゴミなんかを吸ったら、こっちの具合が悪くなりそう。





「親のことを大事にしろ」
「育ててもらって、親のことをアレコレ言うのは間違ってる」
という思考が蔓延してる。



もし、「ででむしはホントに云々~」などと、マジで父親が妹宅で喋っていたとしたら、
周りから同情されるのは父親で、

「あらーーー。ででむしちゃん、そりゃ駄目だねーーーー」

などと悪者にされるのは私のほう。

『年老いた親のことを大事にしない、最悪な娘』
で終わり。



こんな理不尽な事ってあるだろうか。
自己憐憫が止まらない。




読む人の中には、「許さなくていいんですよ」と思う人もいるかもしれない。

「許さなくていい」
でもその先、私はどうするのか。




許さない先には何があるのだろう。



私はいつも、ただただ恨み節で終わっている。




カウンセリングで、親のことを話すのがなんだか嫌になってきた。
どうせ一発目の通院から、
「ACについてはこちらではわかりませんので」とはっきり言っていたメンクリだしな・・・。


話したとしても、またカウンセラーのことを疑ってかかりそう・・・。
”本当は、こう思ってたんじゃないだろうか”
とか、
”あんな風に言ってたけど本心では気分を害したのでは・・・”
とか。