近所・・・と言ってもそんなに近いわけではないが、
生地屋がやっと営業再開した。



手縫いのマスクに使用できる夏向けの布を見に行くべく、
メンクリに行く前に立ち寄ったが、レジが大行列だった。



なんだろう?
自分が病的な被害妄想を抱えてるからかもしれないが、
レジ並びの人たちの視線が、こっちに来ているような気がしてしまった。



生地を眺める時間もレジに並ぶ時間もないので、サッサと退散してメンクリへ。









メンクリ終了後に、もう一度立ち寄った。
この時レジは行列ではなかったが・・・・。



布をチェックしに行くのはいいが、甘く見ていたかもしれない。
あまりにも種類が多すぎる。



そして今回、
夏に装着しても涼しい生地でなければ買う意味がないのだが、
手に触れてみても、これを実際にマスクとして作った時に、
涼しいのかどうかの判断ができなかった。



冷感の布もあったが値段が高かったし、
実際に触れてみて、果たしてこれが本当に涼しいのかが・・・。
麻もあったけど、やっぱり実際に触れると、
”これ、マスクにして作っても顔が暑そうだな” と思ったり・・・。



ローンという、さらりとした触感の生地もあったが、
”ミシンでは作りやすそうだけど手縫いだとどうだろう?”
・・・などなど否定的なことばかり浮かんできてしまった(汗)。



一体どの布を買ってよいものか途方に暮れてしまい、
15~20分ほど店内にいたが、全く選べずにまた店を立ち去った。



この店は店員が掴まえにくい。
一定数いるのだろうが、店内もそこそこ広いため、
店員を探すのだけで時間がかかってしまうこともある。
このご時世、手作りマスクのことで質問する人が後を絶たないんじゃないかと思い、
聞くのもためらってしまった。



仮に涼しい布を買ったとしても、手縫いで縫いにくい生地だったら、
お金をドブに捨てるのと同じになってしまう。



・・・というか今まで、家の中にある布をかきあつめて何枚か作ってきたけど、
「縫いやすい」と思ったことは一度もない。
それは自分が裁縫が不得意だからそう感じるのだろうか?



ミシンを持ってる人や裁縫が得意な人なら、
こんなくだらないことで悩まないのかもしれないが・・・・。



マスクの生地を探すためだけに、わざわざ私はあそこの生地屋には行かない。
行くだけで結構たいへん・・・。



また行くとしたら次回のメンクリ通院が2週間後だが、
どうせ行ってもまた途方に暮れて店を後にするのだろうと思う。



前々から生地屋に行って思うこと。
裁縫が苦手な理由で沸き上がる劣等感と疎外感。
布に限らず、あれだけの道具がたくさん売られているのに、
それを使いこなせないみじめさ。



強迫観念が働くため、持って歩く物が多いから、
かなりの重量にも耐えられ、
ポケットがたくさんついた大きめのカバン(斜め掛け可)を、
自分の好きなように作れたら・・・と今まで何度思ったことか。



裁縫ができる人は素晴らしい。




「自分を褒める」のと「自分を甘やかす」の違いって
なんだろう?



「むりやり自分を褒める」なんてカテも作ってあるけど、ほぼ停止中。
そこに書かれていることの殆どは、
早朝に一時間半ほどの散歩(ただダラダラ歩くだけ)について
記述しているだけ。



しかも最後に実施したのは2017年。
(実は5月初旬に夫と、早朝ではないが一時間半の散歩に出かけたが、
それは含めない)



カテを作ったことにより、逆に、
永らく実施しない自分を責めてしまう原因にもなる。



いろいろと面倒臭い奴だ。





誰も褒めてくれることなどないから、
自分で自分を褒めるしかないのだが、
今の自分は、
「よしよし、よくやった自分」などという自分への声掛けだけでは満足できない。




「今日は少しだけ頑張ったから、
お昼はスーパーでお寿司の盛り合わせを買おう」


とか、


「箱入りアイスを買おうかな」


などと、


自分の場合はご褒美が「食」に走る。



これは、自分を甘やかしているのと同じだろうか?



よくわからん・・・。




買い物がしんどい。
買い物リストがないと買い物できない自分を恥ずかしく思うので、
いつもコソコソとメモを覗き見しながら店内をまわる。




以前から何度か書いている話なのだが、
店内で献立を思い出しながらの買い物ができないので、
その日のスーパーの安売りの物を買う・・・という買い物方法がとれない。



これはやはり発達障害なのだろうか。



いつも事前に、3週間分ぐらいの献立を半日ぐらいかけて作る。
3週間経ったら、また次の3週間分・・・というように。




そして、作った献立に則って買い物リストを作る。
そのメモを見ながらでないと買い物ができない。



なのでメモを家に忘れたり(よくやる)、
ポケットに入れたつもりが何処かで落として紛失(たまにやる)すると、
少しパニックになることもある。



”スマホに書いて持ち歩けば楽だね?”

・・・と自分でも思うが、
私はガラケーすら持ってないので。 ← 毎度卑屈





買い物リストは、出先のスーパーで無駄に色々と歩き回らないように、
例えば最初に野菜を買ったら次はタマゴ売り場、
次は調味料、次は肉売り場・・・というように店内の並びを思い出しながら、
効率的に回れるように書く。



(そのくせ、リスト以外の余計な物も多く買うのだが・・・。
また、店内で突然、
「あ!あれストックが無かったかも?」と思い出して買うが、
帰宅したらストックがまだあったりして・・・・)






外出前の買い物リストを2~3回、書き直すことが稀にある。
買い物リストはだいたい3~4日ぐらい前から作り出す。


料理の途中で、
「あ!もうそろそろ小麦粉なくなるわ!」
と思い出したら紙に書き(そこで書かないと後で思い出せなくなる)。



「あー。これストックもう無いわ、買っとかなくちゃ」
と、ふとした時に気づけば書き加えて。




すると徐々に買う物の量が増えてきて、
殴り書きなのをもう少し綺麗な字で書き直したりもする。



これが功を奏して、
何度か書き直しすると脳裏に残っていることがある。



そのため買い物リストを紛失しても、
なんとか思い出せて買い物ができたことが数回あった。



つい先日もそういうことがあり助かった。
メンクリに行く日の買い物の個数は特に多く、
そのメンクリの近所のデパートでしか買えない物もあるので、
思い出せてよかった。
それでも2~3個思い出せずに洩れてしまったが・・・。






そんな自分の、ある日の買い物リスト
(買った当日に使う物または、冷凍ストックする物含む)


【野菜】
なす
エリンギ×2個
アスパラ×2束
ブナピー
玉ねぎ×2個
サラダセット(大根ほか)×2袋
もやし・ニラ・キャベツ等の野菜セット×1袋
レタスセット×2袋

【ほか】
生芋こんにゃく
つぼ漬け
パン粉
グリーンピース缶
パセリ(瓶)1本&詰め替え
高野豆腐
サラダ油(揚げ物用)
オリーブオイル(通常用)
チョリソー×2袋
牛肉(サイコロステーキ用)×3パック




-------
この日、買い物リストになかったのに買った物。
(若干の強迫観念&外出したくないから買い溜め)


カップ焼きそば×2個
カフェインレスコーヒースティック5本入り×1箱
ココアカロリー4分の1×1箱
レトルトカレー×2箱
ふりかけ×1袋
かつおぶし×1袋
切り餅×1袋
納豆(ミニ4個入り)×1個


売られているひき肉の賞味期限が近いものばかりだったため、
また後日外出して買いに行った。








これだけの量の物を買うと、
当然スーパーの買い物かごは山盛り状態。
自転車で持ち帰る時もとても重い。
気を付けないとよろける。




毎日買い物に行ける人は違うのだと思うが、
自分の場合はそうではないので、
2~4日分の食材をまとめ買いして、
一週間に最低2回、多くて3回しか外出しない。




一週間の外出が3~4回だった10年ぐらい前は、
やはり一回の買い物の量がもうちょっと少なかったと思う。
事前の献立作りも4日分ぐらいしか作らなかった。




でもその分、鬱々とした気分が4日おきぐらいに訪れる。
”あぁ、また献立考えなきゃ・・・”
というような。




その、鬱々とした気分が4日おきに訪れるのが嫌で、
3週間ほどまとめて一気に献立を作るようになったのか
自分でもあまり覚えていないが、いつのまにか増えていた。



(作成した献立は、この4~5年分ぐらい保管してある。
この献立群が非常に重要で、現在の献立を考える時の参考にしている)





鬱々とした気分は4日おきには訪れなくなったが、
3週間おきに訪れるのは変わらない。
しかも前述のように、献立を仕上げるまで半日かかる。
うんざり・・・。
現在はそういったことはないが、
以前、献立作りの途中で体調不良になり寝込んだこともあった。




以前書いた話だが、かかりつけの美容師さんに、
献立が半日かかる話をしたところ、

「夏休みの宿題を一気に最初にやっちゃうのと同じですね」

という、至ってポジティブな言葉を貰った。



その言葉を時々思い出すものの、
やはり献立を3週間分も考えるのは、とてもしんどい。




こんなこと、10年先もやるつもりなんだろうか・・・。
3週間分考えるのも、今よりもっとしんどくなるだろう・・・。
それに体力の問題で、買い溜めしてもそれを持って帰れない。
今はなんとか自転車任せで持ち帰ってこられているが、
そのうち自転車にも乗れなくなる日がくるだろう。




毎日その日の食事の分だけスーパーで買って帰ってくるのが、
一番望ましいと思う。



ひきこもりには難しい課題。




2019.08.08 停滞
普段の生活の中で、
”今みたいな過ごし方をしていたら、いつまで経ってもACから脱却できないな”
と思うことがある。



毒父と言い合いになるのも、回復が進んでないからだと思う。
回復がある程度進んでいたら、無駄な言い合いを避けるかもしれない。
自分の発言も、ある程コントロールできるようになり、
毒父からの挑発にも乗らず、うまくかわせるのかもしれない。



きのう、たまたまたどり着いたブログがあった。
ACの方で、色々なメソッドなどを試したりして、真面目に取り組んでいる人。
かなり脱却できたらしく、更新はだいぶ前に止まっていた。



脱却できた方のブログの文章って、やっぱりなんと言うか・・・違うんだよね。
私のように毎度毎度ダラダラ書いている奴の文章と違って。





2015年1月にACに気づいてから、まだ4年。
(「まだ」というのか「もう」というのか、どっちだろう・・・)


この4年の間に、かなりの数のAC関連のブログを読んできた。
読まずにブクマしただけで終わってしまっているブログもあるが・・・(^-^;)



でもだいたい皆さん、回復に向けて真面目に取り組んでいるし、
脱却できた方も沢山いる。
カウンセラーになられた方々もいる。



私は、幾つかの書籍を読んだだけ。
瞑想もしてみたこともあったが、一か月も続かなかった。
しかもその瞑想の仕方も、正しかったのかどうかもわからない。
一応ググッて出てきたものを参考にしたが、全く自信が無い。



今は、つぼトントンの本を手元に置き、
毒父の言動に苛立った時に使うか、お腹の調子があまりよくない時に試すのみ。
(効いているかどうかも不明)



買ったつぼトントンの本の説明がザックリしすぎて、わかりにくかったりもする。
「5回トントンしながら、自分の好きな歌をハミング」と書いてあるが
”トントン5回の間のハミングって早すぎね?
2~3秒しかないのに、その間にハミングするの?
いくらもハミングできないよね?高速ハミング?”

とか。



AC関連の自助も、登録だけしててミーティングに全く参加していない。
回復の手順も 
”やりたくない” 
”面倒臭い” 
の方が先に立ってしまう。


もしかしたら、手順を踏む中で、
痛みを伴うかもしれないと思うと、二の足を踏む。




他には、
”AC専門のカウンセラーにお世話になったほうがいいのだろうか?”
と思い、何度もググッてブクマもしたが、
どこも高額で、手も足も出ない。



”AC回復よりも先に、このひきこもりから脱却する方が先じゃなかろうか”
と思ってググッてブクマしただけで満足して終わり。
こればかり。




生きづらくて嫌でしょうがないと思っている割には、
”どうせ余生も永くないしな”
と自己完結してしまう。
人によるのかもしれないが、
自分の中では、AC回復は年数が掛かるものと思ってしまっているので、
”還暦過ぎないと、だいぶ楽にならないのかな”
と考えると、ダルくてしょうがない。




水面下で足をバタバタさせてるだけで全く泳げていない奴。



2019.06.27 尻ごみ
この数年、色々な自助会のHPやブログを検索してブクマをした。
でも、ブクマをしただけで終わり・・・。


2年ぐらい前、スポーツ教室に週一で通っていた頃、
教室の近くで自助が開催されているのを知り、
場所の確認で実際に行ってみたこともあったが、
”あぁ、ここなのね” と確かめて、そこで終わり・・・。


HP内の「アクセス」を見て、自助会の場所が結構遠くて諦めてしまったり・・・。
たとえ電車で片道30分ぐらいでもためらってしまう。
電車で片道30分でも、家から駅まで徒歩で20分近くあるので、約一時間近くかかる。


お勤めしている人が参加できるようにしている自助が多いのかな。
平日の昼間というのは、なかなか少ない。


あと、メンタルが不安定な人の参加を遠慮している会も少なからずある。
または、参加前に担当医に聞いてから、とか・・・。
(不安定で参加して、参加者本人に何か起きてもいけないし)


その点でも、自分の参加は厳しいなと思う・・・。
人の話を聞く余裕のない、
「私の話を聞いて、聞いて、聞いて!」な人間が参加するのはよくない。


何年か続けて参加している人が多かったり、
すっかり顔見知り同士で打ち解け合っている人が多い集まりだと、
自分みたいなヒキ&対人恐怖症の新参者が入っても・・・・という不安も拭えない。


そこに至るまで、もしかしたら数年かかったのかもしれないけど、
定期的に自助を開催していて数人単位で集っているのを知ると羨ましく、
”ヒキを脱出している人がみんなで集まってるのかな”
と思ったりもする。


ヒキにも色々あるのだろうか。
ヒキだからと言って、必ずしも対人恐怖症とは限らないのかもしれない。



仮に自分が、見知らぬ人々が集まる自助に参加した場合、
まず、自分の視線をどこに向けてよいのかわからずキョドるタイプ。
そして脇民でもあるので、それが発動してしまうと、
たぶんその場から立ち去りたくなってしまうと思う・・・。


実は、10年以上前に自助に一年間通った事はあったが、
その時のほうが今よりまだマシだったかも。
”どこに視線を向けてよいか” というのは、その当時からあったが、
外出する回数も今より多かったので、一応「人慣れ」はしていたし、
困っていても、それなりに喋ってやり過ごせた感じ。
若干脇民でもあったが、今ほど酷くなかった。
よく一年も通ったなと思う。休み休みではあったけど。


今は全然ダメだな・・・。


2年前のスポーツ教室の時も、前半3か月はよかったが、
週一の電車乗車が疲れてきたのか
後半3か月は休んでばかりいて、そのあとの教室の更新もしなかった。
教室の人との会話もぎこちなく、それも辞めるきっかけの一つでもあった。


2017年から2018年1月まで、夫の飲酒問題について、
相談センターの人と一対一のワークを行なってもらったが、
一か月に一回×12回のワークだったにも関わらず、
3~4回休んだりして終了時期がずれこんだ。


現在の父親の入院先に行ったり実家の掃除なども、
なんだかんだで電車乗車は週一。
週に2~3回というのではない。


高校生の頃から電車が苦手だったな・・・。
それでも通学できてたんだから、今よりもっと強かったんじゃないかと思う。
本当に嫌になってきたのは、
高校卒業後、専門学校に通っていた頃からじゃないかと思う。
通学でもプライベートでも、電車に座っていたら目をつむって寝たふりだし、
立つ場所は必ずドア際か、連結部分の端っこ。



夫と電車に乗ると、
長椅子のある方に立つことが凄く多いので緊張・・・(-ω-;)
夫と喋っていると少しは紛れるが、
喋っていない時なんかは、目の前に座っている人たちの視線がとても気になる。
つり革を持つ自分の手で、そこからの視線を遮るなどの荒業(www)もやる。


ヒキってると、外部の人と話すことによって生じる、
様々な感情(どちらかというとネガ)に遭遇することなく過ごせてしまうので、
楽ちんに感じられてしまう。
そのくせ焦りはある。
焦りがあるから、一応、検索だけしてブクマする。

ただ焦るだけ。


2019.06.24 反面教師
実家の汚部屋掃除から、自分への危機を感じ、
とりあえず、タンスの引き出しの中の下着類や部屋着を、
ぐちゃぐちゃにしまいこむのはやめて、
たたんでいれるように気を付けている。
あと30年間は、この習慣を続けなくちゃイカンのかな・・・(-ω-;)
今からでも、たたむ癖を少しでもつけておくといいのかな・・・。
(自分が80まで生きるかどうかわからんけど)

今後も、今までと同じように、
姉のことで何かあったら書くだろうけど・・・。


働いていない自分を必要以上に卑下してしまう。

どうやら姉が、出勤のために家を出る時間が、
かなり早いらしいことを今朝知った。


実家のハウスクリーニングの見積りの日時が限られており、
どうしても夫が同行できない日だったため、
姉に来てもらわなければならず、
けれど職場の上の人に許可を取るのも必要で、
半休できるか否かの連絡が、今日中に夫の携帯に入ることになっていた。


そして今日の午前6時半ぐらいに、夫の携帯の留守電に
姉からメッセージが入っていた。
見積りの時に立ち会えるという返事だった。


・・・ということは、その時間にはすでに出勤していたのかもしれない。
始発電車ではないにしても、
起床時間がえらく早いのではなかろうか・・・。


仕事からの帰宅時間は、だいたい午後6時半~7時の間。
夕食&入浴を終えたら、午後10時なんてあっと言う間だ。
それを月~金まで繰り返し。
もう何年か働いている。


永らくだらしない生活をしている私なんか、間違いなく続かないだろう。


”姉に来てもらわなければならず”
とか書いてるが、
私がちゃんとしていれば、私一人で見積りに立ち会える話だ。


それができず、姉を無理矢理同行させている。
もちろんそのことは夫と私しか知らない話だが・・・。


もしかしたら当日、見積りが終わった後に、

”今日のコレって私が必要な内容だったのかな”

と姉が疑問に思うかもしれない。

”ででむし一人だけでもできたことなのでは?”

みたいな。


こんな、いい歳して自立してない奴。
自分も迷惑千万な存在だ。

2019.05.31 無知
「えっ?そんなことも知らないの?」
「そんなこともできないの?」

・・・と思われるのが嫌で、ブログに書けない事が沢山ある。

以前、選挙の投票について書いたことがあったが、
暫くしてその記事は非公開にしてしまった。

今も、
「もしかしたらやらなくちゃならないのかも・・・」という不安材料が一つあって、
でもそれについてはここで書けない。

「一般的に、その年齢の人なら知っているだろうね」

・・・と思う人のほうが、おそらく大多数で、

「いいじゃん、いろんな人がいるんだから。
その年齢で知らない人がいても、全く変じゃない」

・・・と思う人のほうが少数なんじゃないかと思う。


いつも前者の重圧に負ける。
自分で勝手に「重圧」と決めつけているだけなんだけど。

なにより、
「その年齢で知ってて当然」
という固定観念をもっているのは私自身。


2019.05.28 無題
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
先日、メンクリの院長に、
「自分が、もの忘れの域を超えているのではないか不安」
という話をした。
(直前のカウンセリングでは、カウンセラーにもっと細かく中身を話したが、
傾聴のみなのでアドバイスなども全くもらえていない)


院長からは
「”自分が認知症ではないか?” と聞いてくる方に、
認知症の方は100%いません」と言われた。


そして、アルツハイマー症と認知症の違いも質問したのだが、
寂しいことに5分診療なので、答えてもらえなかった(-ω-;)



「100%いません」
と言われたのに不安が消えない・・・。
実際に生活上でおかしなこと(前回書いたようなこと)が起きているし、
夫とのこともあるし、この先もどうなるんだろう・・・という不安しか残らない。



まず私にそんな事できるわけねーだろう的な話だけど、
頓珍漢な単語を言ったり、しどろもどろに話して夫に怪訝な顔をされるなら、
”口数を少なくして、あまり家の中で喋らないようにしたいな・・・”
などとも、ふと考えてしまった。


お喋りクソBBAwwだから絶対に無理。



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

耳鳴りは、だいぶ落ち着いてきたのでホッとしている。
耳鼻科にはもう通っていない。
飲み薬は、全部飲み切ると逆に不安になるかもしれないので、
2回分ほど残してある。
G.W.中に、、二度ほど左耳ではっきりとキーン!と耳鳴りが起きたが、
一瞬だったのでその後も気にしないようにした。


食事中にゆっくり噛むってのは・・・もうやってない(-ω-;)   ← 想定内?
何をやっても続かないねぇ・・・。
不真面目というかなんというか・・・。
生きることをナメてるというか・・・。
きっとまた腹痛が来て「イタイイタイ」と騒いでピーヒャララになって、その繰り返し。