これは、ACと関係があるのだろうか?
何か、ネットでそのような文章を見かけたのだが。。。。


ネット上で、私の他にも、
唇の皮を剥く癖をもっている方々がいるのを知った。


”自分の身体を労わっていない”

”自分いじめ”


・・・・という点から見ると、
やっぱりACと無関係ではないかもしれない???


私はたぶん、小学生の頃から剥いていた。


「自分の唇」に対して、
子供心に物凄くコンプレックスを抱えていた(今も抱えている)。



自分が剥いたからか、
それとも自然と剥がれかけてきているのか、
わからないときもあるが、
皮がペロッと剥けていたり、
変なカサブタになっていたり(そのカサブタにしたのは私なんだが・・・)、
物凄く気になってしまって、めくれるまで指先で引っ張ったり、
下唇と下の歯で挟んで引っ張ろうとしたり。



剥こうとしている時は、
もしかしたら少し「恍惚感」を得ているかもしれない。
言葉でうまく説明できないのだが、
剥けない時ほど、
「燃える」というか……  ← アタマ、ダイジョウブデスカァ?


剥ける時に、ピリッとして痛い時もあるが、
それでもやめられない。


当然、血が出る(こともある)。


血の筋みたいないものが縦にスーッと、
唇の表面の上から下に流れているのを、


「ででむしちゃん!血が出てるよ!(@_@;)」
と小学校のクラスメイトに言われた時は(特定の子じゃない)、


たいてい私は、
「うん。わかってる」
と即答していた。


これは自傷行為?
今でもやめられない。


夏だろうと冬だろうと、唇はガサガサ。


とにかく、唇もそうだし、自分の「口全体」が嫌いだ。


こんな自分を、どうやって好きになったらいいのだろう。


私は、自分が顔のことでいじめられたので、
子供を作ることが怖かった。
自分の遺伝が子供にゆく、と強く思った。


”自分と子供が同じになる”

”私みたいに苛められる”


…と。






2015.02.27 欠如
私も、私の姉も、
自立の道から大幅に外れてしまったバカ姉妹だ。



姉は現在ひとりで暮らしているので、
自分で食べる分は自分で稼いでいる。
しかしたぶん・・・料理は全くしていないだろう…。
「やらない」のではなく「できない」のだと思う・・・。


私は、料理はなんとか出来るかもしれないが、
自分一人で食べていけるだけの、稼ぎの面での自信が全くない。
また、掃除や片付けが物凄く苦手だ。


洗濯は、洗濯機にかけるだけなので、さほど問題はない。


しかし料理は、
家事の中でも一番難しいんじゃないかと思っている。
覚えなくてはならないことが沢山ある。



以前、母の入院について打ったが、
内容が重複するけれども、
あの時、姉も私もメシを全く作らなかった(・・と思う)。


皿くらいは洗ったかもしれないが、それだけだ。


料理は全部、父親任せだった。
店屋物とかも頼んだかなぁ・・・そこまでは憶えていない。


父が台所に立っていた様子をおぼろげに思い出せるが、
父自身も、
母に料理を任せっきりの日常だったから、
料理の本を見ながら、相当大変だったかもしれない。



ああいう風に、自分の母親が入院した場合、
「自分の将来の為になるから」と、料理を一生懸命作ろうとしたり、
できるだけ家の中を整理整頓していこうと、
掃除を頑張る子供も沢山いると思う。


しかし私たち姉妹は、この様に成長してしまった。


別に、クラブ活動が忙しかったわけでも、
塾に通っていたわけでもナンでもない。


母が入院してる間の数か月、
好き勝手に生活していたと思う。



「たら・れば」だが、
もしあの時に、
少しでも料理ができるようになっていたら、
20代の前半の歳くらいには、
家を出て一人暮らしでもしていたかもしれない。



そうすれば、20代半ば~後半の頃の、両親と私の三人だけの
地獄のような生活(大袈裟だがワタシ的には、そんな感じなのだ・・・)も、
全くなかったか、
あったとしても少ない年月で終わっていたかもしれない。



父が、どういう理由で、
私たち姉妹にも料理をやらせなかったのか知らない。

或いは、
「お前たちも少しはやんなさいよ」と言われたのに、
私たち姉妹が拒否したので、
諦めて父だけで料理をしていたのか。


それとも、
「教えるのが下手だから、面倒だから自分でやってしまえ」
と思って、父一人で悪戦苦闘しながら、
料理をしたのか。


しかし、どんな理由であれ、
あの、母の入院時以外でも、料理をする機会は多々あったのに、
家事を身に付けなかったツケが、
掃除も料理も苦手な自分に、今こうして表れている。
(今は料理も少しはマシになったが、
それでも「汚料理」だし、お世辞にも上手とは言えない)


何年か前までは、自分でも、
”あぁ・・・実家で料理しなかったからバチが当たったかな・・・”
と、何度も何度も自責の念に駆られた。






今日は朝から晴れ間。
洗濯物が溜まっていたので処理。


こういう日は、PCの前に座る時間がいつもより遅い。

(※遅くない日もある)




7時半頃起床。
直ぐに洗濯物を洗濯機に放り込んで回し始める(一回目)。
(時短のため、一番短い時間設定で)


夕べ洗って乾しておいた夕食の食器を
食器棚に片づける。


ゴミ出しのための袋詰め。


8時ちょっと前に洗濯機が終了。
洗濯物を取り出して、 次の洗濯物を放り込んで回す。


取り出した洗濯物を干す。
干している間に、二回目に入れた洗濯物が終わる。


続いて直ぐに干す。
8時半頃に洗濯物関係は全て終わり。


続いて、ドライフルーツ三種を細かく切る作業。
作業が9時半頃に終わる。



ドライフルーツの件は、
また日を改めて書けたら…と思う。
私の嗜癖に関わる話なので。

・・・・そう言っておきながら、数日経つと、
また忘却の彼方、ということになるのだが・・・^^;








さきほど、午後1時過ぎから献立を考え始めたが、
やっと終わったのが午後2時半頃だった。



そしてすぐに買い物に行き、たったいま戻ってきた。
午後3時25分だ。



今日の木曜日から今度の日曜までの、
たった4日間の献立なのに、
何故にこんなに時間がかかるのか。



今日は運が悪く、
とある献立のレシピを、何度探しても見つけられず、
そこで時間が掛かってしまったのもあった。


結果的に、今日の26日の献立が、
かなり手抜きという自覚がある。


白米は昨日炊いたものがあるし、
出汁は前々から作って冷蔵にあるので、
温めて豆腐をぶっこむだけ。


改めて作る物と言えば、
山芋を切ってフライパンで炒めて、
出汁と醤油を混ぜた物に、切った海苔を上から散らすだけ。


これは、テーブルで出されたほう(夫)も、
「手抜きだ」と思うかもしれない。



(幸い、今まで、夫に「今日は手抜き?」と言われたことは無いが…)



そして、我が家の献立は、私がダメ主婦な理由もあり、
基本的に同じオカズが二日間続く。


稀にイレギュラーで、一日おきという場合もあるが、
殆どが二日連続のオカズだ。


夫からは「同じオカズが三日続くのはサスガに…」
と言われたことがあるので、
三日間連続にはしないようにしている。



そして私がよく失敗するのは、
やはり料理下手なのか、分量などもいい加減で(汗)、
二人で暮らしているのに、
オカズの一品一品を多く作りすぎてしまう。


そういった場合、
2日~4日ほど日にちをあけて再び食卓に出したり、
冷凍保存して、また出したり、
それでも残ったら、
後日、平日時のお昼などで私の腹の中へ…。



あと、手抜き献立ばかり入るとマズイから、
少し手の込んだ物を含めたりもする。


でもそれは結局、
台所に立ってる自分に降りかかり、
作り上げるまでに、やたら時間が掛かったり、
なかなか仕上げられなくて焦ったり、
イライラに発展する場合もある。


エエかっこしようとしたせいで、逆に自分を締め付ける。



「毎日の料理を、”作りたい” と思えるように」なるのは、
いったいどうしたらいいのだろう.....。


世の中の主婦のみなさまは、
どういった気持ちで作っているのだろう.....。


料理を作ることを苦に感じない人や、
作る事が大好きな人は、全く問題がないかもしれないが......。


作る事が大好きな人は、食べるのも好きな人なんだろうか?
そうとも言えないかもしれない?


「作る事が好きだけど、食べることは、そんなに好きでもない」
とか、
「食べるのは好きだけど、全く作らない」
という人もいるかもしれない。



なんだかダラダラと、自問だけで終わってしまった。
もう午後4時過ぎた。



さて。
このあと、どうしよう......。




2015.02.25 医師の判断
ちょうど一か月前に、
一度だけカウンセラーに相談しに行った。
昨年の10月ぶり以来だ。


機能不全家族だった事に気づけた辺りだったので、
話を聞いてもらいに行った。


カウンセラーには、
「共依存ではないですよ」と言われた。


私が現在抱えている問題の一つである、父とのことにしても、
夫が介入(「今度から、お父さんに何か言う時は
事前に俺に言って」等の発言)することで、
「私自身が自分の問題を解決する力を付けていかないこと」
に関しての不安をカウンセラーに話すと、


「もしご主人とあなたとの関係が共依存だとしたら、
ご主人はあなたに、
”もっとお父さんとモメて問題を起こせ”と思い、
あなたを焚き付けると思います」

・・・・と言うのだ。


「他者の問題を自分の事のように解決しようとする」
「他者の問題に首を突っ込む」

そっちのほうが共依存なんじゃないのだろうか?(違うかも^^;)


我が家(私たち夫婦)は、
アルコールとタバコとギャンブル(現在は携帯ゲーム)に
依存している夫を、
私が支えてしまっているのと、
パソコンやネットや飴などの糖分を摂取する為に必要なお金を、
やすやすと私に遣わせてしまっている夫の、


お互いが共依存になっている関係? (これも違うかも^^;)


先日、一か月に一回の通院にも行き、
A院長にも話したところ、
院長も「共依存じゃない」と言っていた・・・・。


何故なんだろう?


「ACや共依存は病名ではない」
というのは、なんとなくわかっているのだが、
医者によって判断が変わるのだろうか?




◆追記:2015年5月24日

「焚き付けて、もっとモメて問題を起こせば、
父親と私が離れることになり、
結果的に、夫が私を拘束できる」

という意味でカウンセラーは答えたんだろうか。

なんだろう、何かやっぱり違う様な気がするんだけど…。


あと、
「あなたはACです」
「あなたは共依存の傾向があります」
という言葉は、
そのように言う人のほうが少なく、
仮に質問しても
「違います」と答える人のほうが圧倒的に多いことがわかった。


自分でACと気づくことが重要であり、
他人に言われて気づくものではないということ?






2015.02.25 パンダの人形
気に入っていた、パンダの人形があった。
幼稚園児か、小学校低学年の頃か。



子供にしてみたら、割と大きめの人形だった。



その人形を時々、
お腹の部分から折りたたんで苛めていた記憶がある。





その光景を親から注意された記憶もないので、
おそらく、親が見ていない時にやっていたと思われる。



愛がっていたし、好きな人形だったのに、苛める。



私の中に何か、鬱積したものでもあったか。
私の中に若干の凶暴性が見て取れる。



先の、文鳥の件も、
それと似たようなものなのかもしれない。



「好きなのに、苛める」。
「好きなのに相手を殺める」のと似ているのかもしれない。



本当に人を殺めないでよかった...。







パンダの人形は、誰かにあげた。
うちに遊びに来た相手は誰だったか忘れた。
女の子で、お母さんと一緒だった記憶がある。



「あげちゃっていいのね?」と、
母に念押しされたと思う。



なんであげたんだろう?



あげることで、
承認欲求が働いたのではないだろうか。









2015.02.25 昔の姉
姉に関するカテを作っていないので、母親のカテに入れてみた。


小さい頃は、姉によく苛められた。
可愛がってもらった、という記憶があまり無い。


それとも私が、被害者丸出しで、
苛められた事しか記憶がないのか。
遊んでもらったことが記憶からブッ飛んでいるのか。



一番よく覚えているイジメは、
母が外出中の際に、
姉に猫キックのように蹴られたこと。
父は仕事で不在だった。


”子供の喧嘩”と言ってしまえば、それまでだが、
よくよく考えてみれば、
元からあまり、
仲の良い姉妹じゃなかったんじゃないか、ということだ。



私の友人たちは、姉妹で仲がいい人が多く、
「うちっておかしいのかな」と思った時も何度もあったが、
姉が結婚して家を出て数年ほど経ってから、
”私は姉とは合わないな” と改めて思った。




それでも、姉が結婚して実家を出た後の2~3年くらいは、
実家で過ごしていた時の仲の悪さと、
雲泥の差という感じで、
定期的に待ち合わせしてゴハンを一緒に食べた。


ちなみに、ご飯の誘いをしてくるのは大抵姉の方からで、
私から連絡を取ったことはなかったように思う。




「結婚して家を出ていった姉と、
待ち合わせてご飯を食べる自分」
に自己陶酔していたのかもしれない。



だから、待ち合わせして会っても、
なんだかいつもモヤモヤ感が拭えなかった。





私の姉特有のお節介とか、上から目線で物を言うところや、
いつも否定的な意見を言うところ、
そして、こちらの言ってる言葉が聞きとりづらいと、

「えっ???!!!」
と過剰な反応をするところ、
カッとしやすいところなどは変わらない。




そして「ある事」を切っ掛けに、ほぼ決裂した。


それは、過去の私の喫煙が原因となったからだけど、
過去ログのどこかに書いてある( ← ちゃんと探せよ・・・^^; )。





自分のACに気づき始めてから、
”機能不全家族なら、姉と合わないこともアリなのかな”
と思った。


しかし、機能不全家族で育った兄弟姉妹が、
必ずしも仲が悪くなるわけじゃないらしい。
とても姉妹で仲のよい方が書いているブログも現に存在する。





この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
2015.02.20 喫煙
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請