そうかぁ…。
人によって、はてなブログが
面白い(書きやすい)という人もいるんだね。
人それぞれだなぁ。

私は、やっぱり、
ブログ全体に鍵をかけられるFC2設定のほうが
安心だなぁ・・・。

そりゃあ、FC2でも、
サーチエンジンのキャッシュに残っているものもあるし、
アーカイブ検索で一部が見えてしまうというのはあるが、
基本的に「非公開にすればログイン画面だけに出来る」
というFC2の存在は、私には大きい。


なので、はてなからFC2に戻ってきたという感じ。




2015.06.26 母の帯状疱疹
父は、普段から体調の不具合が多い母の事を、
殆ど心配していなかったようだった。

それは、私も姉もおんなじだった。

母は、自分の亭主と娘から、
身体の心配をされない生活を送ってきていた。



母の死後、父が電話で私に愚痴っていたが、
生前の母が父に、
「ねぇお父さん、(私が)帯状疱疹になったの、知らないでしょ。」
と言ったらしい。


「”(帯状疱疹の話なんて)知るわけないじゃないか!” 
って言ったんだけどね」
と、父は電話で私に言った。


そしてその、
「知るわけないじゃないか!」と言った時の父が、
どういう表情で、どういう声の様子で反論したかも想像できる。
憮然とした、不機嫌面をさらして
ダミ声で母に反論したんだろうな…。


”(帯状疱疹のこと)知らなかったよ、だいじょうぶだったのかい?”
くらい言えないのかね…。


まぁ、そんな思いやる言葉が言えるような人間だったら、
自分の妻(私の母)が亡くなった後に、
自分の娘(私)に、
電話で悪口オンパレードなんてやらないだろう。


思いやりの言葉をかけてあげられる心の余裕さえ、
父にはなないのだろう。

そればかりか、母も母で、
自分の亭主に身体の心配をされないで生きてこたことを、
まるで印籠でも叩きつけるかのように、


「(帯状疱疹)知らなかったでしょ?(とうとう告白してやったわ!)」

的な物言いで父に対して言うもんだから、
父もカッ!となって反論するというね…。

本当にもうバカ夫婦。バカ両親だ。





でもこういう夫婦のやりとり、うちら夫婦もゼロではないと思う…。
私の身体のことをあまり心配しない夫も、うちの父と似てるしね…。
私は私で、うちの母みたいに、よく病気を抱えてるしね…。



ほんとに嫌だなぁ…。
ほんとうに似てる。
うちら夫婦と、うちの両親が。


ヤバイよヤバイよ(出川風)。

↑ふざけてる場合じゃねーよ




2015.06.26 昔の姉・その2
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
きのう、ドライフルーツを販売している、
いつもの店の近くを通ったけど、
またまた、
なんとか買わずに通り過ぎた・・・・。


ふぅ~っ・・・。
でもこうやって、意識しているうちは、
まだダメなんだろうな・・・。
飲まないのを我慢したり、
吸うのを我慢している、
アルコール依存症やニコチン依存症の人と同じだ・・・・。


それに、
完全に糖分もやめてるわけじゃないしな・・。
なんとなく食べる個数が
減ったような感覚はあるが(これも「たまたま」?)、
それでも、全く食べてないわけじゃないから、

完全に脱皮できたってんでもないし・・・。


ありゃ。
これじゃ「むりやり褒める」じゃないなぁ。


やっぱり、すぐ卑下しちゃうんだねぇ・・・^^;
自己肯定感が低いからか・・・。



2015.06.25 対人恐怖
昨日の外出。
とても疲れた。


某洋品店でインナーを二枚買った時に、
レジの人がお釣りを私に渡しながら、
「ありがとうございました」と言ったと思ったら、
つられたのか私も「ありがとうございました」


・・・・・何故???(汗)
何故「ありがとうございました」と私が言う????



そして皮膚科にて。
待合室には私を含めて二人だけ。
その人が何故か、
自分の視界に入ってきてしまってメンタル的にとても疲れる。


被害妄想。
視線恐怖。

言い方に語弊があって申し訳ないが、
自分が斜視になってしまっているような気さえする。



皮膚科の入っているビルの一階の調剤薬局。
呼ばれるまで10~15分くらいかかっただろうか。
その間、持参した本を読んでいた。

ソファーには7~8人の人がいたが、
私の斜め前に、
ベビーカー&お母さん&赤ちゃん。

赤ちゃんが何故か、こっちをジーッ…と見ている。

”見ている” 
というのは、
実際に私が赤ちゃんを見たのではなく、
私の視界に入ってくる赤ちゃんが、
こちらを見ていると、「なんとなく」感じる。
(「感じる」だけなので、
実際に見ているかどうかの確認はしてない)



某大型スーパーにて買い物。
そこ以外でも色々と買い物。

チャリンコだったが、とても疲れた。
いや、チャリンコだろうと徒歩だろうと、
私は疲れるので変わりがない。


私は、いつまで疲れてるんだろう?
死ぬまで、このまま毎日疲れっぱなしなんだろうか。


そんなことを、きのう、
出先でふと考えてしまった。








かなり昔から、買い物でお釣りをもらう時に、
「すみません」と言ってしまうクセがついてしまっている。

今も殆ど変らない。

それはどこのお店でもそう。
他人と、出会いがしらにちょっとぶつかりそうになった時でも
「すみません」。

とにかく、なんというか、
自分が悪くないかもしれないのに「すみません」と言うのが、
私の場合、非常に多い…と思う(「思う」というのは、
無意識に言っている場合もあるかもしれないので)。


本当は謝りたくなんかないんだろうね、たぶん。


店員に「すみません」という癖を治したいが、
難しそう・・・(´д`;)




朝メシ ⇒  皿洗い ⇒ きのうフローリングに零して重曹かけて、

そのままにしてた家庭用油差しの処理方法をググる ⇒ 処理

⇒ 四角い所を丸く掃く(汗) ⇒ 重曹25kgを密林から注文  ← 今ココ

=========================================

なんだかんだで、またPCの前に座っている(汗)。


そして、母親の言動で、
思い出したことがあるから、書き留めておく。
(夫には、今年に入ってから話したことがある)



私も無意識のうちに、
”母親を言い負かしたい”
という意識があったからかもしれないが、
こういう風に、
”他者が失敗したら、指摘したり、突っつく” という言動は、
父も母も姉も私も夫も、みんなそう。


稀に母が料理中に、味噌汁やオカズに、
髪の毛を誤って入れてしまうことはあった。
頭にスカーフでも巻いてなければ、
起きうることかもしれない。
スカーフを巻いていたって、
髪の毛が肩に乗っていれば知らぬ間に入ることもあるだろう。


…というか、
母の髪の毛かどうかも本当はわからないのだ。
自分の髪の毛だった可能性だってゼロではない。


それに、髪の毛が入っていたのは頻繁ではなくて、
回数的にも少なかった。


しかし食事中の私はいつもこんな感じだった。


私 「髪の毛はいってるよ・・・」

母 「あらそう?ごめんなさい。ちゃんとしてるんだけど」


母は必ず、
「ごめんなさい」の後に「言い訳」を入れた。
「ごめんなさい」だけで終わった試しがない。


髪の毛が入っていても、そのまま流して、
本人に言わないようにしていれば、
私も不快な想いをすることもないし、
母も、言い訳したり、
私と競うようなことをしなくていいのだと思う。


なのに実家での私は、
髪の毛が料理に入っていた時は必ず母に指摘していた。


やはりACは、
人のミスが「エサ」になるんだね・・・・。







2015.06.25 思いやりなし
先日、専門学校時代のクラスメイトに関する愚痴をブログで書いて、
その日のうちに、
その「寄せ集めグループ」の中の一人に
メールを送った。


私が、唯一、
このグループの中で現在も親交がある人間だ。
(「寄せ集め」なのに?
すんごく失礼だよね、この発言・・・)


…とは言っても、
頻繁に会っているわけでもなく、
メールのやり取りも一年に一回くらいしかしないし、
多分もう30年くらい会っていないと思う。


「◎◎と◇◇と3人でデパートへ買い物に行った時、
◎◎の子供を私は押し付けられて、
残る二人が買い物に行ってしまった」


・・・などと、その子にメールで送ってしまった。


私は、あの子に、
こんなメールを送って、何をしたかったのだろう???
「お久しぶり!」と書いておいて、
こんな、他者二名の悪口の話をメールで送って、
あの子に何をしてほしかったんだろう??


「そんなことがあったんだね・・・」
とかなんとか、同情して欲しかったのか????


・・・というか、自分に置き換えてみて、
もし、お久しぶりの人からメールをもらって、
その本文に、
若い頃に遊んだ同じグループだった二名の悪口が書かれてあったら、
自分だったらどう思うか?



メールを送った後、
あの子からの返事がすぐに来なかったことで、
突然に不安になった。
自分が冒したことの反省をするでもなく、
「返事が来ない」ということだけに着目。


”もしかしたらメールを読んで怒ったのかもしれない…”
”もしかしたら例の二名に告げ口しちゃうかもしれない…”
”もしかしたら”
”もしかしたら”
”もしかしたら”



一日中、そんなことを考えていたわけじゃないが、
不安になったことは本当だった。


きのうは皮膚科に行ったり、
帰宅したらDIYでランプシェードを2~3時間作っていたり、
色々とやることがあって、PCを開いていなかった。


さっきメールを読み込んだら、あの子から返事が来ていた。
”返事が来てる。よかった…”
と物凄く安心した。


そして、その返事の中で、
私が悪口を書いたことについて彼女は追及するわけでもなく、
”三人で出かけたことがあったんだね”
と軽く流してくれていた。


もし、こういう子じゃなかったら、
私はどうしていたんだよ・・・。


ああいう短絡的なところが、
私は、うちの父親そっくりだ。
そして他者をゴミ箱扱いするところも、
親とそっくりだ。


さっき返事を書いて送ったが、また言い訳。
ACを理由にして。
「変なメールを送ってごめんね。実は…」
みたいな感じで。
「親の育て方が原因のアダルトチルドレンだった、うんちゃらかんちゃら」などと。



私は、
アダルトチルドレン」という言葉を出せば、
なんでも許されると思ってんの?


他者をなんだと思ってんの?





2015.06.23 自己否定
きのう、ブログで、
「諸悪の根源」を打っている時もそうだったんだが、
やっぱり泣けてくるな・・・。


遺伝子を受け継いだ自分の顔も、
遺伝子を受け継いだ体質も嫌いなのに、
自分をどうやって好きになったらいいんだろう。



自分を好きでないと、他者に対しても好きになれない。
自分のことを信じられないと、他者のことも信じられない。
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請