2016.11.25 脱力
私のしたことは、決して褒められたもんじゃないけど、
安く済ませようと、一応は頑張った。

もう、暫く冬服を買わない。
服を買うの疲れた。バカみたいだけど・・・。

それに、私が「変な拘り」をもってなかったら、
「周りは周り、自分は自分」と思えていたら、
服を買い替えようと思わなかったんじゃないかと思う。
余計なお金を遣うこともなかったと思う。

というか、周りは、
お前(私)の服なんて見てないよ(たぶん)。
お前(私)が病的な被害妄想を抱えてるだけだよ。
早く嫌がらせのトラウマを克服できるといいね(棒)。


例のログインIDとパスの件も、
自分用のメモとしてブログに書こうと思ったけど、
なんだかどう書いていいのかわからなくなった。


しんどいので少し休もうと思った。

※ダラダラと書いてますので、長文が嫌いな方はご注意ください※


ナナメよみ推奨(;´∀`)





土曜日のブログ更新後に、すぐPCの電源を落とした。
日曜日は全くPCを触らなかった。



月曜日は、急に夫が会社を休んだ。
(たぶん飲酒によるものと思われる)



月曜日にネットをしたけど、午前中に一時間くらい。
受信メールが、またしてもたんまりあって、
その中の個人メールに返信後にPCの電源を落とした。



土曜日~月曜日終日までの、
ネットをしていなかった時は何をしていたかというと、
先日も書いた、あまり読み進めていなかった音楽雑誌を
ずっと読んでいた。



読んでいる時は、その本に集中していたし、
面白いと感じてもいるので、

”あーーーーインターネットやりてぇぇぇぇ・・(><; )”

という風にはならないんだけど、
その本を読んでいない、ふとした拍子には、
インターネットの事を考えてしまっていた。



”○○についてちょっと調べたい・・”
”あぁ、そろそろ重曹を通販で買わなくちゃ(これはマジで)”
”そういや、お味噌を注文したんだけど(代引き)発送いつなん?”



などなど、ネットに結びつくようなことを考えてしまう。




今までもそうなんだけど、
夫が仕事休みで家にいる日に、
できるだけネットをしないように気を付けていても、
やはりたまに使ってしまうことがある。



それと、夫が目の前にいる時は、
ああやって本を読むなり、
たまーーーにヨーモーフェルトをやったりするけど、
それは夫の目を意識しているからで、
夫がいなけりゃ読まないし、やらない感じ・・・。

昨晩、寝る直前の11時ぐらいまで、
結構真剣にその雑誌を読んでたんだけど、
今日は夫がいつも通りに出勤していて留守なので、
現時点で、その本を全く読んでいない。



でも今日は夕方までPCを起動していなかった。
たまにイレギュラーで、普通の生活のほうが忙しくて、
PCを夜まで起動してないという日があるけど、
それは本当に稀。



今朝の地震で起床後、すぐに居間に移動したものの、
また夫も私も揃って居間でうたた寝をぶっこいてしまった。



夫を通常通りの時間で玄関から見送った後、
どうも身体も心もダルイ感じで・・・。
そのまま居間でまた眠ってしまった。



10時半過ぎにいったん目が覚めて起き上がったけど、
やはりまだダルくて横になっていた。



11時過ぎに再び起き上がり、
ボーッとテレビの天気予報を見ていたら、
近いうちに雪が降るという。



この天気予報のお陰で、
”ヤバイな、色々と済ませとかないと・・・”
という気持ちがやっと芽生えて、
家賃やら公共料金やらの支払いと、買い出しをしに、
駅前までチャリで出かけた。



こういう時はもう、面倒なので化粧をしない。
私の場合、未だに化粧に慣れていないせいか、
30分以上かかってしまうし、
外出時間がどんどんズレこんでいくので。


冬でよかった(マスクと帽子必須)。




チャリで駅まで向かう途中、


”ああ、そういえば、
この坂道を右に曲がってずっと昇っていったら、
古着の店があるんだよな・・・・”


などと、またよからぬことを考えてしまった。


買い物を終えて帰宅する途中も、
同じ道交差点で信号待ちをしている時、


”どうする、どうする?
今日はいい天気だし、頻繁に外に出ないんだから、
せっかくここら辺まで出てきてんだし、
このまま坂道あがって店まで行くか?”


”いやいや、今日の夕メシの下準備が面倒だから、
店に行って帰宅してからだと、凄く忙しくなるよ・・・。”


と自問していた。



すぐ行ける距離の店じゃないのと、
やはり夕メシの下準備のことを考え、行くのをやめた。
もしかしたら、この2週間ぐらいのうちに行くかもしれないけど、
予定は未定で・・・。



(夕メシの下準備が不要だったり、
夫が飲み会で「今日の夕メシ要らない」とか言われていたら、
もしかしたら今日、その店まで行ってたかもしれない)




午後1時半過ぎに帰宅し、軽い食事をした後、
やっぱりナンだろうか、調子が悪いのかナンなのか、
居間でまた横になって眠ってしまった。
(店に行かないでおいて良かったのかも・・・・?)



目が覚めたら午後3時半。
いやいや夕メシの下準備を始める。


午後4時までずっと台所にいて、
あとは洗い物・・・・という時に、
とうとう我慢できなくなり、PCを起動してネットに繋いだ。
20分ぐらいいじった後、
再び洗い物をして、副菜を作って、
またPCの前に戻ってきた。    ← 今ここ




夫が帰宅するまで、あと1時間もないから、
どのくらいまでネットが進められるかなぁ・・・。
ブロガーさん達のブログ更新のお知らせもけっこう届いていて、
ものすごく溜まってる^^;



土曜日のブログ更新以降、夫とどうなったのか等も、
自分メモとして書いておいたほうがいいんだけど、
明日は祭日だし百発百中、夫が家にいるから
更新は少し先かな・・・。



早い話が、とうとう自分に負けた私は、
自分のIDと認証パスワードを、
夫に教えてしまった。
でも夫はケーブルを使っていないみたいだけど・・・。





昨日業者さんが来て、
光回線への切り替えでモデムを設置してくれた。
業者さんが帰った後、サポセンと電話をしつつ、
私のノートPCに光回線の設定をした。


そして、光回線に変えた事により、
以前のネット接続方法とは違うことを、
電話の最後の最後で知ったのだった。


「あーそうなんですね・・・」と一応納得しながら電話を切ったものの、
確認の意味で数分後に再び電話した。


サポセンに聞いたところ、
夫のPCにも私のIDとパスを設定すれば、
夫もケーブルを使えるという話だった。



でも本当は、
私が電話して確認する必要はなかったかもしれない。
夫がケーブルを使えるか否かは、
私がどうこうする問題ではないと思うからだ。


でもここで私に疾しい気持ちが出てきたのだと思う。
私だけケーブルを使ってインターネットをすることの疾しさ。


心のどこかで、たぶん、

”あいつも夜から朝までケーブル使ってネットやってるし”

という想いがあり、
私自身がネットをする「理由づけ」にしていたというか・・・。



今こうして、ローカルだけでテキスト打ちをしているのも、
いつもだったら堂々と(?)、
居間のデスクでネットに繋げて、
そのままブログに直に打っているだろうに、
それをしないのは(やらないのは)、
夫がケーブルを使えない状態にも関わらず、
夫を目の前にして自分だけがケーブルを使うことに、
疾しさを感じているからだ。



話は戻って、夫は昨晩、
同僚と飲みで帰りが遅かったが、
帰宅した夫に直接話すのがなんとなくイヤだったので、
夫が帰ってくる前に携帯に、

「今までとは接続方法が変わったから、
そちらのノートPCではケーブルが使えなくなりました」

というような内容のメールを送ってしまった。


それで冒頭の、
「IDとパスワード教えて」という話に繋がる。


私はちょっとびっくりしてしまって、

「なんだかストレートに、IDとパス教えて、って言ってくるんだね・・・」

と言ってしまった。


続けて、

「IDとパスを教えなかったら、
布団で寝てくれるかな、と思ったんだけど・・・」

と夫に言ったけど、伝わっていないらしく。


夫の顔つきも変わってきて、
「なんで?」
とか
「仕事で使うのに」
と言ってきた。


前述のように、ケーブルをPCに差し込んだまま、
携帯ゲームをしている様子を何度となく見てきているのと、
私の中から不信感が拭えないため、
(パスとIDの件で)首を縦にふれなかった。


夫「(私のノートPCを指さして)これって家のじゃないの?
俺が使ったらダメなの?」


※私のノートPCを使いたいという意味じゃなくて、
おそらく、ケーブルやプロバイダーの使用料金の事も含めて
言ったのだと思う※



”あぁ、俺がカネ出してんだよ?”
って言いたいんだな?と思ったので、

「そういう風に出るんだ・・・」

と答えるのがやっとだった。




最終的に夫は
「わかったよ」と超・不機嫌な顔で言い、
すぐヘッドホンをはめて音楽を聴きだして、
ノートPCで仕事の再開。



その夫の様子に私のほうが段々と不安に陥ってしまった。

(ああ、むちゃくちゃ共依存だね・・・)



私のノートPCも夫の給料から出ているし、
プロバイダーの料金もそう。
ケーブルも夫が用意したもの。



確かに仕事休みの日まで客先と電話しながら、
ケーブルを使ってネットに接続していることもある。
そう多くはないけど2~3か月に一回くらいのペースで。



夫がケーブルを使うようになったのは、この2年くらい。


それまでどうやって家で仕事をしていたかというと、
自分のノートPCに、
携帯電話サイズの機器(名前わからん)を繋げて仕事をしていた。
今までそれで済んでいたことは済んでいたのだと思う(たぶん)。


だけどいつしか夫も、ケーブルを使うようになった。
やはり外付け機器とは速度が全然違うらしい(本人談)。


嫌な言い方をすれば、
それで味をしめてしまったというか・・・。


私の記憶では、
夫が仕事帰りにネカフェに行くのをやめて、
家に早めに帰宅するようになってからケーブルを使い始め、
「夜から朝まで居間」の生活になったように思う。






私が不信感ばかり抱いているのがいけないのだろうか。

自分はフードパーカーだのズボンだの、
あれやこれやと言い訳つけて購入してるくせに、
夫の行動に文句をつける。


もし自分が、夫から、
「服を買うのはダメだ」と言われたらどうしていたか?
来月の外出で、また同じズボンを履かざるを得ない。


泣いて訴えていたかもしれない。
「買わせろ」と。
「同じモンを何年も履いていくのはもう嫌だ」と。




私の許容範囲が狭いからいけないのだろうか。
自分もやってんだから、
相手のことも許せと。
自分もインターネットまみれなんだから、
他者のことは言えんぞ、と。
自分も、欲にまかせて服を買ってんだから、
他者の欲にも寛容になれと。





夫がヘッドホン&仕事をしている時に、

”そこどいて(設定するから)”

と身振り手振りしたり、

”私もしんどいので、設定しますからどいてください”

などとメモに書いて見せたりしたが、

(あぁ、ますます共依存・・・・)



夫はそのうち少しキレ出して、

「いい、って言ってんだろ、しつこいよっっっ」

と言った



たまたま、
まだ布団を敷きっぱなしにしていたので(助かった・・・)
すぐに布団に籠って

よよよよよ・・・・(;w;)   ← アホか・・・・



本当は、こういう時にスマホとか持ってると、
布団から直接ブログ更新が出来るんだろうなぁ・・・。
(そういう問題じゃない)




早く布団に戻らなくちゃ。



送信。








ただいまノートPCを寝室に持ち込んで、
ネットに繋がっていない状態でテキスト打ちをしている。
打ち終わったら、「一瞬だけ」回線を繋いで、
ブログにコピペして「すぐに回線を切って」、
寝室の布団に籠る予定。



今朝ひさびさに夫ともめて、あちらは居間、私は寝室。


もめごとの原因は簡単に言ってしまうと、
ネットワークケーブルを巡っての些細な言い争い。
(LANケーブル?モジュラーケーブル?
名前がわからないので、以降「ケーブル」と書きます)



もめた際はいつも、極端に口数が減る夫。
(もともと口数が多いほうじゃないけど、
余計に喋らなくなる)


現在も機嫌が悪そう(たぶん)。


(物音がしないので居間で寝ている様な気がする・・・)




私の中で色々な感情が交差している。
インターネットを過剰にやる自分の疾しさ。
夫への不信感(あるいは思い込み?)。


どうしたらよかったんだろう?
今朝まさか「IDとパスを教えて」と、
夫からストレートに言われるとは思わなかった。


私としては、私がIDとパスを教えなければ、
諦めて布団で寝てくれるようになるかな・・・と思ってしまった。




前々から書いているので繰り返しになってしまうけど、
夫は一年以上、夜から朝まで居間で一人でおり、
布団で寝たのは10回も無いと思う。


仕事から帰宅後、10分以内にはアルコールを摂り始め、
だいたい3~4本、多くて5本行くこともある。
(いちいち数えていないのでたぶんそれくらい)


そして夕メシを食ってから居間で寝てしてしまう。
或いは夕メシ後に携帯ゲームをいじながら、そのまま寝落ち。


私が寝ようとする午後10時~11頃も、
そのまま居間で寝ている事が殆ど。
寝顔に一応、おやすみだけを言って私は寝室に行く。


翌朝私が起きて居間に行くと、
会社から支給されているノートPCの前に座って、
仕事をしているか、携帯ゲームをやっている。


稀に私が調子が悪くて、
早朝覚醒などで目が覚めてしまって、
布団でモゾモゾとiPodで動画を見ている時に、
居間からプシュッ!と缶ビールの開く音がすることもある。


平日の出勤前でも(朝4時~6時とか)。


土日祝だと、私が「おはようー」と7時台に居間に来てから、
夫がうたた寝を始めることもある。


(”また朝方まで飲んでたんだろうな”と思う・・・)




夜から朝まで、居間に煌々と灯りが点きっぱなしな事が、
よそからどう思われているのか、

「あそこの家って毎日一晩中ずっと電気が点いてる」

と近所で噂されていないか、
全く気にならないかと問われると嘘だけど、
その辺りは、私の病的な気にしーの性格からして、
よく飲み込んで今まで過ごしてきていると思う。
以前の自分なら絶対に無理。
(だからほぼ毎晩夫を起こして布団に連れて行っていた)

そこは自分を少しは褒めてやらなくちゃいけないと思う。
夫は寝ないのに、毎晩夫の布団も敷いていることも。


それでも心のどこかで

「”あの家ってちょっとおかしくね?” とか言われているのかな」

・・・と思わないこともない(汗)。



これも繰り返しになってしまうけど、
夫は自分のノートPCから離席する際、必ず認証画面にしている。


夫がPCの電源を入れたまま離席する時は限られているけど、

・風呂
・お手洗い
・近所のスーパーかコンビニへビールか煙草を買いに出る
・イレギュラーで散髪屋
・イレギュラーで出張の列車チケットを買いに駅まで出かける



家に二人しかいないのに認証画面?


私の、夫への不信感は消えない。
夜から朝まで居間で、コソコソコソコソ、
いったい何をしているのか絶対に口を割らないし。


(不信感は、過去を遡っての
カードキャッシングから続いているけど・・・)




”自分の眠る時間を削ってでも嗜癖(たぶん)に浸りたい、
一人で過ごしたい”


ということなのかもしれない。


私も平日、夫を仕事へ送った後、
食事する時間も削って(忘れて)まで、
ノートPCの前に座りっぱなしが殆どなので、
夫のことは言えない。


だけど夫の謎な行動は気になってしょうがない。
毎日かんがえているわけじゃないけど、
むりやり蓋をして過ごしているという感じ。
その蓋が時々開く。




我が家には、モデムとPCを繋ぐケーブルが一本しかないので、
一方がネットをしている時は、
一方はネットができない。


特に夫が土日祝で家にいる時の私は、
自分のネット依存の疾しさから、
夫にケーブルを譲っているような形にしている事が殆ど。


でも夫も勝手なもので、
ケーブルを自分のPCに差しているのに、
仕事をしているわけじゃなく、携帯ゲームに耽っている事も多い。
そういうところを何度も見てきている。


いったんケーブルを取ってしまえば、
私から「それ(ケーブル)使いたいんだけど」
と言ってくるまではそのまま・・・・という感じなのだと思う。


(それでも時々、自分のPCからケーブルを外して、
私のPCに差し戻すこともある)



このように、一本のケーブルを、
まるで「奪い合い」しているかのような私たち。



長くなったので二つに分けます。





以前、本だったかネットだったか忘れたけど、
”脳に変な回路ができる” という話をみかけた気がする。


NHK Eテレ ハートネット「依存症」に関してのサイト





先日、自分の買い物のツメの甘さについて、
三つも日記を載せたけど、その後に、


「あれってただ単に、
自分の買い物依存症っぷりを露呈しつつ、
買い物依存の言い訳を書いているだけでは?」

・・・と思ってしまった。


恥ずかしいので、もしかしたら消すかもしれないけど、
とりあえずは現状のままで・・・。



・・・と、舌の根も乾かぬうちに、私はまたおかしな買い物をした。



コーデュロイズボンを買うべく、
先日某デパートのバーゲンへ行ったら、
バーゲン「会場」などという広さでもなくて、
規模の小ささにびっくりした。


それでも一応ズボンを探したところ、
何故かわからないが一本も置いてなかった。
開店直後に入ったので、売り切れというわけじゃなさそうだった。


1分以内で店を後にしてしまい、
ものすごく意気消沈してエレベーターに乗った。


”来月出かけるのに、どうしようどうしようどうしよう・・・・・”



降りてすぐの、いつも目もくれずに通り過ぎる店の奥に、
コーデュロイズボンが掛かってるのがパッ!!と目に入って、
近づいて値札を見たら7千円・・・。


”高いな・・・” と、当然のようにすぐ思った。
(私には髙い。ユ◎クロのコーデュロイズボンなら、
以前は約3千円で買えたと思うので、倍額だ)


生地の厚みもあり暖かそうで、
色も、あの靴やあのコートとも合いそう・・・と思った。



問題は試着した時だった。
・・・ちょっとキツいかも・・・・orz orz
Lサイズってキツいってどうなの・・・・・・orz orz


上着を着ている時はごまかせるかもしれないけど、
室内で立ったり座ったりを繰り返すと、
後ろ側からインナーや下着が見えてきそうな感じ。


店員さんは「腰で履く」というような事を言っていた。
それとまぁ、お世辞&買わせるためかもしれないけど、
「キツそうに見えないんですけどね」と言っていた。


「でも、キツいのに無理しても・・・ねぇ・・・」とも言った。
(勧めたり真逆を言ったり、うまいよなー・・・)



結局私は、

目当てのズボンを探すのに疲れてしまったこと、
もうズボンを探すことから解消されたかったこと、
このズボンを逃すと、もう出会えないかもしれない怖さ。


・・・に負けて、購入してしまった。


しかも「5千円まで」などとほざいていた割には7千円。


>一枚5千円~1万円もずるズボンは、
>私には高額に思えてしまう。

>なんとか税込5千円以内で抑えたい・・・。



↑ できもしないことを書くと恥やねーwww






腰で履くズボンなんか、今まで履いた事があったかな?
近所のスーパーで2年前に買った、
少し股下が短めのGパンが一本あるけど、
それはベルトを締められるると下がってゆく不安が解消される服だったと思う。


今回買ったイズボンに限っては、
ベルト通しはあるが、ベルトの必要がない。
それくらい、腹まわりとお尻まわりがギリギリ。





履けるのか?私。
しばらくしたら結局、
「後ろがズルズル下がってくるみたいでイヤなので、
あまり履かなくなってしまった」とか、
言いだすんじゃないか?




ズボンを買った一時間以内にはクリニックにいた私。
カウンセリングで早速、買い物の話をした。

最近気持ちが下がっているのは、
買い物してお金を遣うことに、
自責の念があるからかもしれない・・・ということも告げた。
母親が買い物依存の気があって、
亡くなった後にそのことがわかった、という話もした。


カウンセラーは否定も肯定もしなかったけど、
「”ズボンが私を待っててくれた~”っていう風に思えたらいいのにね^^」
と言っていた。




買いたいと思って買った本(美術館で買ったパンフレットと、
通販で買った音楽関連の雑誌)が、
読んだ途中でそのままになり居間に転がっている。
パンフレットは二か月くらい前から。
雑誌のほうは一か月以上前から。


読もう、読もう、読まなくちゃ・・・と思ってそのまんま。


私が読まずに置いてあることも、たぶん夫にはバレバレで、
”また、買ったのに読んでないな・・・・”
くらいは思ってるんじゃないだろうか・・とも考えてしまう。
夫のお給料から買ったものなのにね・・・。
自分のお金で買ってたら、もっと大事にするんだろうか。


・・・あ、いや、美術のパンフは自分のお金だった(汗)。


じゃあ、お金の出所がどこでも、
途中で放り出すことは変わらないんだな・・・。





買い物についての話は、これでいったん終わりしようと思った。
人の買い物の失敗談なんて面白くないと思う。
しかもだらだら長文だし。









9月末に購入した、
対人恐怖症には本H効果がないと主張するカウンセラーがあえて書いた対人恐怖症の本は、
一か月ほど経った先月末くらいにようやく読み終わった。


3人の登場人物とカウンセラーとの、一対一のカウンセリングの様子が、
話し言葉で書かれてあり(この「話し言葉」が感情移入しやすかった)、
筆者の注釈も要所要所に加えてある。
(※実際のカウンセリングの会話を載せているのではなく、
著者が、うまくフィクション化して書いている※)



例えば

「ポイント⑦固い考え方」に関して、これこれ云々、

「ポイント⑱行動しようと思っているのに行動できない」に関して、
これこれ云々


・・・というように、
ポイントが全部で40数個ある(3人のカウンセリングを通しての数)。


本が終わりに近づくにつれて、何か淋しさを感じた。
3人だけでなく、もっと5人とか10人とか読みたかったような・・・。


でも何人登場しようと、私が行動に移さない限りは、
何を読んでも一緒なのかな・・・。



このあいだ「話し方に関する本(書名は伏せます)」を購入したけど、
一頁目から、”あ、これはまだ私には早いわ・・・・” と思った。
私の場合はまだ対人でキョドってる段階だから、
”話し方云々”を研究するのは、
まず「人となんとか話せるようになってから」なのかなと思った。


次に買ったのは、「人と接するのがつらい」という本。
こちらは読み始めてまだ数日。こちらも読みやすいと思う。
たぶん一か月なんかじゃ読み終わらないだろうなぁ・・・。



時々、”読み漁っても無駄なのかな” と思ったりする・・・。
書いてあることはわかるんだけど、
頭だけでわかっているという感じで
実際に行動していないし・・・。


それでも不安で仕方なくて、
”本をもう買わない、読むのやめた”
という考えには至らない。


特にクリニックや皮膚科の待合室で、
本をもっていない状態が「心もとない」というか、
待ち時間を回避できる物がないと、どうも不安らしい。
今月初旬の通院の時点では、読み終わった本しか手元になく、
仕方なくそこから引っ張り出して一冊持ってでかけた。
心配しなくても待合室に本や雑誌は置いてあるのに・・・。



通院当日の朝に、
「すみません、突然で申し訳ないんですが、
体調が芳しくないので、
今日お休みさせていただきたいんですが・・・」
と電話を掛けて話している自分を、
頭の中で想像している。
この1~2か月ぐらいずっとそう。

それでもなんとか化粧(これがまた面倒&しんどくて・・・)して、
通院先に向かう。

対人恐怖症ならではの妄想や思い込みが
頭の中にべっとり張り付いていて、
その病院へ毎週行くのが苦痛で仕方がない。

自分のせいで身体の状態を悪くしているのに・・・。


行きたくない自分と、
私の為に時間を費やしてくれている人の事を考える自分とが
ぶつかりあっている。


なんだかんだ言って結局、三つ目の収納棚に着手。



手持ちのスノコでなんとか終わらせたい(外出したくない)ので、
とうとう、怖がっていたスノコの裏側の下駄を外すことに。



ネットでみかけたやり方でやろうとしたが、
やはりDIY初心者のせいか簡単にはいかなかった。



あと、古いタオルを巻いて重ねてたくさん床に置き(高さ20cmぐらい)、
その上にスノコを乗せて、トンカチで裏から板を叩いてみたところ、
叩き方が甘いのか簡単に下に落ちてくれない。



けれど力を少し入れて叩くと、
今度は部屋中に音が響いてしまって物凄く気が引けた。
賃貸でコレをやるのは無理がありそう・・・。



少し引っ張れば板が外れそうな感じがあったので、
無理矢理はずしてみたところ、
4枚の板のうちの一枚が欠けてしまった Σ(´∀`;) ガーン



仕方ないので、その欠けた部分をノコギリでカットし、
他の3枚の板も同じ長さにすることに。



でもこのノコギリも、
先日書いたように「ホビー用」のノコギリなので、
切り落とすのに時間はかかるし、
まっすぐに切り落とせずガタガタになった orz orz





以上の「下駄はずしからノコギリで4枚を切りそろえるところ」までで、
一時間くらい掛かったと思う。


ノコギリで切るところが一番イヤだった。
やっぱりなかなか切れなくて。


切ってて全然楽しくなかった。
しんどかった。
”板を切れるハサミがあったら・・・”
と思ったくらい(それはそれで大変そうだけど)。




・・・で、誰かもブログで書いていたけど、
所詮は100均スノコ。
もともと綺麗に裁断されていない板が一枚含まれていた。

その一枚を含めて計4枚を並べて、
グルーガンで接着しようとしたら、
問題の一枚と隣の板との間に微妙な隙間があった。

そのせいか、グルーガンで乾かしている最中に、
問題の一枚だけぽろっと落ちやがった。



しょうがないので、手持ちの100均サンドペーパーで、
そいつの片側だけ擦って滑らかにしたのはいいが、
再びグルーガンで接着したら、今度は板と板の間から、
グルーガンがニュ~~~っと表側に見えてきた Σ(´∀`;) 再びガーン


この板4枚が接着できていないと、
私が作りたかった収納棚の意味を成さないので、
グルーガンが汚く見えるのは、諦めるしかなくなった。
50cm横にあるけど、ホントにみっともない仕上がり。
なので画像なし。


ただ、嬉しい誤算があったのは、
4枚をカットして短くしたことにより、
最終的に取り付けた時に、左側に15cm程度のスペースが出来たので、
結構使う頻度が高い電卓(薄くて小さいやつ)を、
ちょい置きできたこと。



随分永らく、ワイヤーネット&マグネット&
ダブルクリップの生活をしてたな・・・。
どれくらいだろう、前の住まいから含めると10年は行ってるだろうか。


私の場合、通販の請求書とか何やらの「紙モノ」が多い。
それらをすっきりさせるためには、どうしたらいいのか凄く悩んだ。


冷蔵庫にはまた別の紙モノをたくさんマグネットで貼ってある。
もう冷蔵庫には貼るスペースがない。


ついこのあいだまで、
PC横の三段ラックの上にワイヤーネットを置いていて、
壁にもたれかけさせてたから、
たまに前に倒れてきたり、三段ラックの後ろ側に落ちそうになったり。


更に1~2年くらい前では、もっと一回り大きいワイヤーネットに、
ごちゃごちゃごちゃごちゃ 色んな物をぶら下げてたもんだから、
重さで前に倒れる&落ちる回数はもっと多かった。




>この板4枚が接着できていないと、
>私が作りたかった収納棚の意味を成さないので、


ここの考えに至るまでが大変だった。


どういう収納を作りたいのか、なかなか考えがまとまらなかった。
あまりにも沢山のスノコ収納の画像を見てきたものだから、
頭の中もこんがらがっていた。
あと、ワイヤーネットとスノコを合成している例も少なかった。


もうワイヤーネットは諦めるしかないのかなと思った。
仮に使えても、またマグネットを使うようになると、
色んなものを貼り付けるだろうし、
それだと収納を作ってもなんにもならない気がした。



ワイヤーネット&磁石の生活から、やっとおさらばできた。


いつかまた、
「やっつけ仕事で作った収納棚だし、グルーガンが丸見えで汚いし」
とか文句言いだして別のを作るかもしれないし、
このままかもしれないし。


ちなみに、棚を仕上げて三段ラックの上に乗せるまで、
6時間くらい掛かったと思う。
11時前ぐらいから始めて夕方に終わったので。



とりあえずDIYは暫くいいや。
疲れた(;´∀`)




追記。

ググる時に、キュレーションサイトっていうのか(初めてこの単語を知った)、
ものすごい邪魔に感じた。
以前はだいぶお世話になったのに、手の平返しで申しわけないけど・・・。

でも、本当に調べたいことに辿り着きにくいと思った。
画像を共有(?)しているのか、違うサイトなのに幾つも同じ画像をみかけるし。

あと、あまり「デメリット」なことが書かれてない。
「ほ~ら、すのこを使うとこんなシャレオツな部屋になるわよ~♪」
というまとめサイトばかり・・・。

私はずっと「すのこ」「DIY」でググッてたからかもしれないけど、
これが「初心者」とかキーワードを入れると、また違ってたのかな・・・。





2016.11.14 変なスイッチ
たまに、変なスイッチが入ることがある。
「何かに過剰に集中」というか、
そのことで頭の中が一杯になるというか。


今年の春頃だったか、
突然、某歌手の歌を無性に聴きたくなり、
部屋の奥からその歌手のCDを何枚か引っ張り出して、
iPodに叩き入れた。


台所で料理や皿洗い中にも聴いていた。


でもそれは2~3週間程度で終わった。
あれから半年ぐらい経ったけど、
もうその歌手の歌を聴いていない。


またいつか聴くかもしれないけど、だいぶ先だと思う。


(ちなみに、この歌手の歌は、
20代前半に非常によく聴いていた。
あの頃は今のような感じではなく、
毎日or数日おきに、2~3年ぐらい続けて聴いていた)



またある時は、
ある洋楽の歌手の歌ばかりを無性に聴きたくなったり、
その歌手の過去の経歴のようなものも
ネットで探しまくったりした。


でもこれも一か月ももたなかったと思う。


またある時は、田村正和のドラマに過剰に集中。
やはりググッたりもした。
一か月ぐらい続いたが、
ある程度満足(ホントの満たし方じゃないかもしれないけど)したのか、
現在はもうググりもしない。ドラマも観ていない。



なんだか極端なんだよな・・・。
熱しやすく冷めやすいというか。




先週の(木)に書いた、すのこDIYの件も、
似たようなことかもしれない。
きっとまた私に、変なスイッチが入ったのだと思う。


”すぐに取り掛からないと、やる気がなくなるらしい”

というようなことも書いたけど、
そのことも、この週末の金~日に、
頭の中でひっかかっていた。


”いまやらないと、また昔のように、
材料買ったのに作らずにそのままになるかも”

というような焦りがあった。



じっくり時間(日数)を掛けて作って行く
というのではなくて、
とにかくサッサと作りたい
という感じ。

(木)の日記で
「三つ目は業者さんが来るまでには
仕上げられなので諦めようと考えている」
などと悠長な素振りを見せておきながら、
実際には作る気マンマンだったのだと思う。


ただ、その作る気マンマンが、なんだか少しばかり病的で、
頭の中にこびりついて離れない感じがあった。


土曜日の日中に居間で少し昼寝しようと横になった際、
眠りに入る前の頭の中で、
すのこのことをぼんやり考えていた。


”やっぱりノコギリでカットしなくちゃ駄目か・・・。
切って並べてこうやって・・・”

・・・みたいな感じで。


よくない兆候っぽいから、

”ヨーモーフェルトでもやって切り替えてみるか?”

とは思ったものの、結局、
すのこの事でこんなに頭が一杯だから、
たぶんヨーモーフェルトを浮ついて作りそう
・・・と思って諦めた。


(以前に本で、
「ヨーモーフェルトは、”なんとなく” で作っていると、
本当に、ぼんやりしたなんとなく、な物が仕上がってしまう」
というようなことが書いてあり、なるほどと思った)



DIYは日曜の夕方に仕上がって落ち着いたからか、
今度はまた別の変なスイッチが入っている最中・・・。


録画してあったサスペンスドラマを、土曜日の夕方に見た。


そしたら、そのドラマとは全く別の、
90年代後半のサスペンスドラマのことを思い出してしまった。
一時期とてもはまった。サントラも買った。


きのうの夜辺りから、
そのサスペンスドラマのことばかり考えている。
主題歌も何度も頭の中に浮かんでくる。


そのドラマに不随する作業を、
昨晩からPCで行なっているけど、
ただでさえ低スペックのPCなのに、
思いきり負荷を掛けてしまっているから、
動きが鈍い鈍い・・・。
そして自分も多少イライラしている。



ACの回復に真面目に取り組んでいる人なら、
イライラから回避するように努めるのだろう。

もとより、自分がイライラしそうなものには
近づかないように気を付けるのかもしれない。


もしACの回復とはまた違う話だとしたら・・・。
さっき「過集中」でググッたら、ADHDがヒットしたので、
その可能性もゼロじゃないかもしれない。


とりあえず今日は一日中、
無駄なことをして無駄に時間を送っている。
夕方には食事の支度をしなくちゃならないので、
その時間までにどうしても終わらせたい。


でも件のサスペンスドラマのことも、
一か月もしないうちに頭から離れているだろうと思う。



そして次は何にはまるのか。