やれやれ・・・。

先日の腹痛への不安は杞憂で終わった。


本当に良かった。
次回の通院同行も腹痛になりませんように・・・なむなむ(-人-)





腹痛とは全く無関係な話だが、
27日の通院同行で一番びっくりしたのは、
私が実家最寄りのバス停に到着する直前、車内から外を見ていたら、
バス停の少し手前で毒父と姉がすでに待っていたこと。



”・・・・ゲッッッ??もういる!!( ̄▽ ̄;)!



・・・と思った。



一体どこまでせっかちなん・・・?(-ω-;)




別段、私は遅れて到着したわけでもなんでもなかったが、このパターンは初めて。




以前、夫が通院同行に出かけた際、実家の玄関を開けたら、
玄関先で椅子に座りすでに靴を履いて待っていた毒父がいた、という話は
聞いたことがある。




着替えや動作(玄関先まで一人で出てくる&靴を履く)の時間を考えて、
相手(夫)を待たせないように準備しているのは悪いことではないが、
まぁ、迎えに来た人間からしてみたらびっくりするよね。
座敷童のように待ってたらサ・・・・。





以前にも書いたが、毒父は法事の待ち合わせは一時間も前に来るし、
少し遠くの墓参りに姉と毒父と私ら夫婦で出掛けた時も、
半年も前からガイドブックを買っていた。




とにかく、気持ちが悪いほどのせっかち。




待ち合わせに遅れないようにすることはいいことだけど、
自分が早く来すぎているのを棚にあげ、
「遅いなあ」
と機嫌が悪くなったり、
他者にも「早く来るのが普通だろ?」的な勝手な固定観念をもつのが始末が悪い。




いつだったか、夫が通院同行に出かけた際にも、
夫は実家到着に間に合うように家を出たにもかかわらず、
私の家に毒父が電話をかけてきて、
「お宅のダンナ、何時ごろ出た?まだ来ないんだけど」
などと抜かしたこともあった。





待ち合わせって、時間の5~10分前が通常なんじゃなかろうか?
会社やバイトの面接なんかでも、あまり早く行くと先方からの印象がよくないとか、
昔、面接のやり方について書かれた本に書いてあったような。






確かに現在の私も、
人との待ち合わせは殆どないにしても(ヒキで交流がないため)、
通院同行に向かう途中で何が起きるかわからないので(腹痛や尿意など)、
30分ぐらい早めに家を出て、実際に何か「事」が起きた時に、
”あ~少し早めに出発しといてよかった~(´д`;)”
と思うことが結構ある。


※実は27日の朝も、家を出て5分ほど経ってから財布忘れに気づき、
走って家まで戻った(-ω-;)
余裕をもって出たので電車の時間には余裕だった







もっと気持ち悪いことに、
20代前半ぐらいの私は毒父の悪癖をキレーーーーーーイに踏襲していて、
人との待ち合わせにも、かなり早く行くのがデフォだった。
もちろん当時の自分が、毒父を踏襲しているなどと気づくはずもない。





話は戻るが、バス停で降りた私は毒父と姉と共に、
道路を渡って反対側のバス停に移動。
こうして私は、到着してすぐにUターンして駅まで戻ることに。
そして駅から徒歩で胃腸科 → 電車に乗って泌尿器科へ。





本当は実家でお手洗いを済ませようと思っていたが、
はぁ~よかった~事前に駅のお手洗いに行っておいて。
まさかすぐUターンするとは思ってなかった。








あと、相変わらず自分の怒りや感情をコントロールできない毒父を改めて感じた。
これは老いとかではなく昔から。




泌尿器科の薬を貰う為に調剤薬局へ行ったが、半地下にあり毒父は階段を降りられないので、
姉と毒父は外で待ち、私だけ薬局へ入った。
中はエアコンが効いていたが、換気の為に自動ドアを開けてあった。




中のソファで待っていて1分ぐらいだろうか、外から毒父の大きな声が聞こえてきた。
明らかに怒り声。

「冗談じゃないよ!」

と言っている。
最初、姉が何か言われているのかと思ったが、どうやら違うらしい。
薬局はそんなに大きくないため、
おそらく薬剤師の人にも聞こえていたんだじゃないだろうか。




過去ログでも書いたが、
家族で外出した時の電車やバスの中、それ以外のところでも、
カッとして平気で大きな声を出す。
主に夫婦喧嘩。
周りの人がじろじろ見ていようがお構いなし。




毒父だけでなく、応戦する毒母も負けじと大きな声を出していた。
大きな声を出すほうが「上」だと夫婦揃って思い込んでいるから、
とにかく相手を言い負かしたいwwww


私は、じろじろ見ている周りの人のことを小さい頃から恐れていた。
大きな声を出す親が本当に嫌いだった(今も)。
人の視線が今でも気になって仕方がないのは、この時の名残だと思っている。





何が原因で怒鳴っていたのか気になって仕方なく(wwww)、
後で駅のホームで電車を待っている時に姉に聞いてみた。





私:
「さっきサ・・・私が薬局で薬もらってたじゃない?
外からお父さんのデカい声が聞こえてきたけど、あれナニ怒ってたの?(苦笑)」


姉:
「ああアレ?(苦笑)
なんかさ、どの病院かわかんないけど、
この駅の近くで以前、お父さんが一人で通院したことあったんだって。
2回ぐらい通ったらしいんだけど、
自分は早く来てんのに、後から来た人が先にどんどん呼ばれて行ったもんだから、
『冗談じゃないよ!こっちは早く来てんだよ!!』
って怒鳴ったんだって。
お医者さんがびっくりしてたとかなんとか(苦笑)。」



私:
「・・そんなことで?(苦笑)バカみたい・・・」



姉:
「・・ねぇ?(苦笑)。
なんでいちいちそんなことで怒るんだろうね?
『すみません、早く来てるんですが呼ばれてないんですけど』
でいいと思わない?」





病院で待たされた時の嫌な思い出話をしながら、また怒りが沸き上がってきだのだろう。
ほんとに呆れるぐらい短気で恥ずかしい・・・・。
(・・・というか思い出話は後付けで、
怒りを放出したかったのが先だろうと思われる。
何故放出したかったのか想像するに、この時点で11時頃になっていて、
朝メシは食っただろうが要するに空腹でイライラしてきたとか、
下らないことだと思う)






毒父を連れて行っている胃腸科なんかもそうだが、
一般外来と、予約済の検査の患者さんとでは呼ばれる順番が前後している。
自分だって胃カメラの予約時は外来の人より早く呼ばれてるだろう??





他者への不信感
自己肯定感が低い
プライドが高い


自分の順番がなかなか呼ばれない


病院側が故意に自分をスルーしているのか?



スルーされている自分が我慢ならない





怒る方(自分)は立場が上、怒られるほうが立場が下と思い込んでいる。




常に、人との関係を「上か」「下か」で推し量っている。




おそらくだが、お医者さんがびっくりしたとき毒父は気持ちがよかったはずだ。
しかし単にアンタが「要注意人物」だと病院側に思われたであろうことを自覚しよう。
(無理だろうけど)






いつも怒りがマグマのように溜まっているのだろう。
しかしもうあんな高齢ではマグマの元凶が自分の親だと気づかず死んでゆくだろう。




こっちだってアンタら毒親のせいで何十年分ものマグマが滞留している。




アンタが定期的に怒りを放出したくなることなど知ったことではないので、
怒鳴るようなことでもないようなことで怒鳴って、不快な空気をまき散らすなよ。
すんげー迷惑。




何か月か前に、ケアマネージャーさんやデイサービスの人に、
半ば脅すようなことを言ったようだが、いい加減にしろよ?



老害。







よほど空腹だったのか、
餃子店のチラシをじーっと眺めてたりとか、ほんとにいいご身分だよ・・・・。




(・・・というか前の週も同じ店に夫が連れてっただろう?なんでそんなに食いたいのか?
最初っから大量に買うことを想定してあったのか、
餃子&白米&オカズを沢山入れられるだけのスーパーのビニール袋(大)と、
更にそれを入れられる大きめのエコバッグを持参していた。
前週付き添って、実家で一緒に少しだけ食事した夫の話によると、
一度に食べる量は少ないが、残った分を冷蔵庫に入れて、
何日かに分けて食っているらしい。
和●の宅配弁当はどうしたよ?
食ってねーなら宅配代が勿体ねぇな)






だいたい10時台になると待合室で
「あぁーー。腹減った・・・」と言う。
それも一度だけではなく何度か言う。
食べ物のことばかり考えて卑しい。


そんなこと言ってんのアンダだけだよ。
高齢の人でも皆一人で来院して、じっと黙って順番待ちしてるんだ。






・・・はぁ~~次の通院同行は8月だな・・・。
現時点では7月は予定が入ってないが、高齢だし何が起きるかわからない・・・。




毒父が逝くまで負荷がかかるなんて最悪・・・。
メンタルが擦り切れる・・・。










2020.06.26 胃腸の弱さ
明朝、毒父の通院同行のために出かけなくてはならないのだが、
とても気がかりなことが一つ。
腹痛だ。




先週の火曜日の夜に強い腹痛があり、
最初は台所でなんとか料理を作れる状態ではあったが、徐々に痛みが増し、
台所とお手洗いを何度か往復するも何も無く(こういう事ががよくある。強い痛みがあっても
何も起きない)、4回目でやっと結果が出たものの、
身体の中に熱が籠っている感じで(体温計では平熱)、
保冷剤と額、氷嚢を胃の辺りにおいて布団に横になり、夜中2時ぐらいまで眠れなかった。




翌日の水曜日の朝には痛みが引いていたが、大事をとって、
急遽カウンセリングと診察を次の週に変更してもらった。




まだ治まっていなかったのか木曜日の朝の5時頃に腹痛で目が覚め、
お手洗いでピーヒャララ。




でもそれ以降胃腸が落ち着いていたので、

”はぁ・・・これで27日(土)の付き添いは大丈夫かな・・・・”

と安心していたら、
昨晩の夜にまた強い腹痛に悩まされて何度かお手洗いへ。







だいぶ前にも書いたことがあるかもしれないが、
毒父の通院同行を、身体の不調でキャンセルしたことは今まで一度もない。




もちろん、メンタルの更なる低下などは避けられないが、
常に身体の状態が安定していない自分にとって、
体調悪化でドタキャンしないというのは運がいいとしか言いようがない。
(毒父の通院同行で運など使いたくはないが・・・)






ただ一度だけ、昨年の9月に、
通院同行の数日前から 膀胱炎の兆しがあってボーコレンでやりすごしていたら、
だんだん痛みが酷くなってしまって、同行2日前に内科へ薬を貰いにいったことはある。
それでもこの時も、前日には痛みがおさまったので、なんとか当日に外出できた。







私の持病で一番きついのは、やはり腹痛。
もう10年近く続いている。




今回は短期間の間に2度起きたが、あまりこういうことは少なく、
だいたい2か月~2か月半おきぐらいに腹痛が起きる。




20代後半にチョコレート嚢胞(子宮内膜症)と盲腸の癒着で手術したが、
あの時は朝6時台に物凄い痛みで目が覚めた。
当時夫と同棲中で、いつもロフトで寝ていたのだが、
その晩は私だけ下で寝ていたので、たぶん夜中から調子は悪かったのかもしれない。




あまりの痛みで泣きながらロフトで寝ている夫に呼び掛けて、自転車で病院へ。
私は荷台に乗っていたが、
歩道と車道の段差ですら痛みで耐えられないほどで、
「段差が痛いから車道を走って」と夫にお願いした。




病院へ到着し、その日のうちにすぐ手術&入院。
入院は2週間弱続いた(盲腸のみだったらもう少し早く退院できたらしいが、
内膜症と癒着していたので少し長かった)。




仮にあの時の痛みを「10」とすると、
先週の腹痛と昨晩の腹痛の痛みレベルは「6」ぐらい。
昨晩はなかったが先週などは脂汗が出るほどで、
お手洗いに小さい扇風機を持ち込むほどだった。





今はまだ、ウンウン言いつつ汗を出しながらお手洗いで耐えているものの、
歳が60ぐらいになったらもしかしたら耐えられないかもしれない。
その度に救急車なんで呼んでいられない・・・。




本当は消化器科を一度訪れたほうがいいかもしれないのに、
そう思いながらもう2~3年経過している・・・。




とにかく、
今晩と明朝。
または明日実家へ向かう電車の中。
診察待ちの長い時間(だいたい2時間ぐらい)。
実家からの帰り道。
腹痛が起きないことを祈るばかり・・・。





2020.06.16 トヨえろす
改めて「愛していると言ってくれ」の再放送を観ると、
トヨエツがイケメンすぎてしんどい…。

一時期はまったことがあり、映画「undo」の写真集をもっている。

今度の日曜日の夕方は、
SNS上にトヨエツロスの方々が溢れるのかも…。



毒父は過去に何度か、
12月に手術した白内障(左目)の術後の状況に関して、
電話であれこれ言うことがあるが、
先週(土)にも電話してきてうるさい・・・・。
電話に出た途端に、


「左目なんだけどーーーーー。
見えないんだよ。
点眼鏡うんちゃらかんちゃら」   ← 私は受け流していたので内容を覚えてない



「そんなことを言われてもねぇ・・・」と言ったら、
「ででむし夫クンいる?代わって?」
と言われたのでバトンタッチ。





電話を切った後、夫が

「お義父さん、”(目が見えないなら)生きてる意味がない” とか何回か言ってた」

と言った。




ヘタレで神経質な毒父なので、
”まさか馬鹿な事を考えないだろうか”
と思ってしまった時点で、私は毒父に踊らされている。





そして、どうやら自分から眼科に電話をしたらしく、
「付き添いの者と相談して、いつ病院に伺うかまた連絡します」
と受付に伝えたようで、
またきのう(15日)も電話がかかってきた。




再び「ででむし夫に代わってほしい」と言われたのでバトンタッチした。




ボキャブラリーが無いのか老いなのか、
ただただ「見えない」と繰り返すばかり
(過去に姉と私が眼科に連れて行った時にも先生にそう言っていた)なので、
どういう状況なのか夫が毒父から、ひとつひとつ聞き出していた。


(電話を切ったあと夫に、
「ほんとうはそういうことは、最初に電話を取った人が、
丁寧にお義父さんから聞き出してほしいんだけど」
と軽く嫌味を言われた・汗)





そしたら、なんのことはない、
急激に悪化したとかそういうのではなく、
ずっと続いている状況(左目が見えにくい)を、
さも「悪化したかのように」訴えているだけだった。




なにが
「生きている意味がない」なの?



大袈裟なんだよ・・・・。



土曜日に心配した自分がバカだった・・・。






ほんと、台風の目のようなもん。
両手が痺れるだの2か月ぐらいギャーギャー騒いでしつこい時があったが、
今年に入ってからサッパリ言わなくなった。




やれ、どこが悪い、
調子が悪い、
そう言えば周りが心配してくれたり気に掛けてくれるから、
毒父にとって体調不良を訴えることは、
本人はその認識はないだろうが「ワクワクすること」。




どんだけ周りを巻き込めば気が済むんだ?




よく、
「病院が混むから8時に到着したい」とも言う。
その場合だと、逆算すると私は6時15分ぐらいには家を出なくてはだめ。
いろいろと準備する時間を含めると一時間前には起床しなくてはならない。





病院ベッタリ&医者ベッタリだから、
毒父自身はたとえ片道一時間だろうと、朝が早かろうと、
病院に行くことはおそらく苦ではない。
今の身体の状態になる前までは一人で病院に行っていたわけで。
毒母の法事で、私ら夫婦&姉との待ち合わせでも、
せっかちぶりを発揮して一時間ぐらい前に到着しているような毒父だから、
たぶん病院にもかなり早い時間に行っていたのだろうと思う。







もう、めんどくせーから一人で病院に行ってくれよ・・・・。


・・・などと、言ってもしょうがないことを言ってみる。






来週末に姉と私が、
毒父を病院2軒に連れていくことになっているため、
今週末に夫が眼科に連れていくことになった。





どうせ眼科の院長先生の話なんてちゃんと聞かねーんだろうな・・・。
眼科に限らず、付き添いすると大抵そう。
補聴器の聞こえの良しあしもあるだろうが、
「あぁ・・・はい・・はい・・・」と生返事なんだよな。
”俺の代わりに聞いてくれてるだろうからイイか”
みたいな感じ。
それは毒母の入院時、担当医から話を聞いている時もそうだった。
ぽかーーーん・・・と口を開けていた。
”あ、これ、話きいてないな”
と思った。





本当に病院の先生の話を聞く気があるんなら、

「あのー・・・すいません。耳が遠いもんで、
もう少し大きい声でお願いできませんですか」

ぐらい言わんのかい?って思うんだけど???





そういうことを言いもしないくせに、
「あの先生、声が小さいんだよな」
などと人のせいにする。
アンタの耳が遠いんだっつーの・・・・。





たまに思うことは、
この頭の悪さで、よくここまで生きてこれたなと。


人との雑談も苦手だし、
もしタクシーの運転手さんから、
”政治や世の中のことを話題に出されたら・・・(汗)”
と思うこともある。


”こんな頭の悪いBBAが居たって、なんらおかしくないじゃないか?”


・・・そう開き直れたらいいのだが・・・。


でも、以前にも書いたかもしれないが、
世の中全体に流れている固定観念は強固。


”歳を重ねている = だいたいの一般常識は知っている”


だけど私自身が、その固定観念に縛られている。
知らないことは恥だと思ってしまう。


”だったら今からでも遅くないから知識を入れればいいじゃないか”


もう一人の自分が言うが、
こちら側の自分は「めんどくさい」で終わらせてしまう。



2020.06.08 同然
「人が本当に亡くなった事になるのは、人の記憶から消えた時」


生きてても、
忘れ去られているなら
同じことだと思う。




近所・・・と言ってもそんなに近いわけではないが、
生地屋がやっと営業再開した。



手縫いのマスクに使用できる夏向けの布を見に行くべく、
メンクリに行く前に立ち寄ったが、レジが大行列だった。



なんだろう?
自分が病的な被害妄想を抱えてるからかもしれないが、
レジ並びの人たちの視線が、こっちに来ているような気がしてしまった。



生地を眺める時間もレジに並ぶ時間もないので、サッサと退散してメンクリへ。









メンクリ終了後に、もう一度立ち寄った。
この時レジは行列ではなかったが・・・・。



布をチェックしに行くのはいいが、甘く見ていたかもしれない。
あまりにも種類が多すぎる。



そして今回、
夏に装着しても涼しい生地でなければ買う意味がないのだが、
手に触れてみても、これを実際にマスクとして作った時に、
涼しいのかどうかの判断ができなかった。



冷感の布もあったが値段が高かったし、
実際に触れてみて、果たしてこれが本当に涼しいのかが・・・。
麻もあったけど、やっぱり実際に触れると、
”これ、マスクにして作っても顔が暑そうだな” と思ったり・・・。



ローンという、さらりとした触感の生地もあったが、
”ミシンでは作りやすそうだけど手縫いだとどうだろう?”
・・・などなど否定的なことばかり浮かんできてしまった(汗)。



一体どの布を買ってよいものか途方に暮れてしまい、
15~20分ほど店内にいたが、全く選べずにまた店を立ち去った。



この店は店員が掴まえにくい。
一定数いるのだろうが、店内もそこそこ広いため、
店員を探すのだけで時間がかかってしまうこともある。
このご時世、手作りマスクのことで質問する人が後を絶たないんじゃないかと思い、
聞くのもためらってしまった。



仮に涼しい布を買ったとしても、手縫いで縫いにくい生地だったら、
お金をドブに捨てるのと同じになってしまう。



・・・というか今まで、家の中にある布をかきあつめて何枚か作ってきたけど、
「縫いやすい」と思ったことは一度もない。
それは自分が裁縫が不得意だからそう感じるのだろうか?



ミシンを持ってる人や裁縫が得意な人なら、
こんなくだらないことで悩まないのかもしれないが・・・・。



マスクの生地を探すためだけに、わざわざ私はあそこの生地屋には行かない。
行くだけで結構たいへん・・・。



また行くとしたら次回のメンクリ通院が2週間後だが、
どうせ行ってもまた途方に暮れて店を後にするのだろうと思う。



前々から生地屋に行って思うこと。
裁縫が苦手な理由で沸き上がる劣等感と疎外感。
布に限らず、あれだけの道具がたくさん売られているのに、
それを使いこなせないみじめさ。



強迫観念が働くため、持って歩く物が多いから、
かなりの重量にも耐えられ、
ポケットがたくさんついた大きめのカバン(斜め掛け可)を、
自分の好きなように作れたら・・・と今まで何度思ったことか。



裁縫ができる人は素晴らしい。




「自分を褒める」のと「自分を甘やかす」の違いって
なんだろう?



「むりやり自分を褒める」なんてカテも作ってあるけど、ほぼ停止中。
そこに書かれていることの殆どは、
早朝に一時間半ほどの散歩(ただダラダラ歩くだけ)について
記述しているだけ。



しかも最後に実施したのは2017年。
(実は5月初旬に夫と、早朝ではないが一時間半の散歩に出かけたが、
それは含めない)



カテを作ったことにより、逆に、
永らく実施しない自分を責めてしまう原因にもなる。



いろいろと面倒臭い奴だ。





誰も褒めてくれることなどないから、
自分で自分を褒めるしかないのだが、
今の自分は、
「よしよし、よくやった自分」などという自分への声掛けだけでは満足できない。




「今日は少しだけ頑張ったから、
お昼はスーパーでお寿司の盛り合わせを買おう」


とか、


「箱入りアイスを買おうかな」


などと、


自分の場合はご褒美が「食」に走る。



これは、自分を甘やかしているのと同じだろうか?



よくわからん・・・。